« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月に作成された記事

2016/08/21

2016・8・21 男子400メートル・リレーでリオ五輪は終わった篇

Photo桜通り
夏の日の夕暮れ

 この2週間ほどテレビはリオ・オリンピックに占拠された。
隠宅に籠もっているふうてんは朝昼晩とだいたい観る番組が決まっている。
それがことごとくオリンピックになっちゃった。

 オリンピックというのはアスリート系の人々には楽しい祭典だろうと想像はできる。
運動競技には(する楽しみ)と(観る楽しみ)がある。
もう一つ(儲ける楽しみ)もあるのかもしれない。
ふうてん夫婦のように(運動競技苦手)の衆生には観るしか楽しみはない。

 運動競技には、また、プロの世界とアマの世界がある。
オリンピックはどちらなのだろうか?
4年に一回だからプロということはないはず。
しかし報奨金とか一生の生活保障とか競技者にお金が払われるという話も聴く。
金メダルを取った選手はオリンピックの後、テレビ・コマーシャルで引く手あまた、かも。
プロなのかアマなのか分からないけれど、今はオリンピックで巨額の金が動くようになった。

 オリンピックって何なんだろうね?などと(運動競技苦手)の夫婦はよく話す。
走りっこと泳ぎっこと投げっこくらいはよく分かる。
数字で決まるからスポーツらしい。
しかし(演技)を審判が採点して順位が決まる競技はスポーツらしくない。
運動競技苦手の女房どのなどもウサイン・ボルトの走りは好きでよく観ていた。
ふうてんなども陸上日本男子の400メートル・リレー銀メダルには快哉を叫んだ。
これこそ(スポーツ)だと。

 もっとも(スポーツ)の語源をたどると、ラテン語の(働かない)、フランス語の(気晴らしする、遊ぶ、楽しむ)から英語の(スポーツ)になったと言われる。
ラテン語では(deportareデポルターレ 荷物を運ばない)だったそうな。
語根は(port 荷物?)なのだろうか。
登山のときポーターという荷物運びの役割がある。

 スポーツがそういう意味だとすると、まあシンクロナイズド・スウィミングも許されるか。
ふうてんはあの競技だけは観ることが出来ない。
美を追及しているのだろうか?逞しさを追及しているのだろうか?
こちらにはよく分からないのだけれど、必死の努力をして楽しんでいる人たちに文句を言う筋合いはない。

 リオ・オリンピックで録画して残したのが二つだけある。
一つは男子体操の団体と個人総合の金メダル。
一つは陸上男子400メートル・リレーの銀メダル。
二つとも見応えがあった。

 観るだけで、応援にも参加していないけれど、観る側にも観る側の論理がある訳で。
やって好し、観て好し、運営して金儲けできて好し。
ただし、国税を2兆円も使ったり、伝統の築地市場を壊したりは無し。
そう願いたいものではありますね、(遊ぶため)のオリンピックと言ってもね。
 

| | コメント (0)

2016/08/14

2016・8・14 戦争は始まってからでは遅い篇

P8120319隠宅のアジサイ
今年は一輪だけ咲いてくれた

 1941年の12月に真珠湾攻撃をしてアメリカと戦争を始めた。
4年後の1945年8月に無条件降伏し戦争は終わった。
広島、長崎の原爆から終戦の玉音放送まで。
71年前の8月6日から8月15日の間に日本は激変した。

 毎年この季節、テレビでは戦争ものが多い。
多いのだけれど、負け戦だったからして面白く振り返る番組はあり得ない。
もともと戦争ものは勝っても負けても辛い話が多いものなのだろう。
無条件降伏した戦争を毎年毎年振り返って見させられ、考えさせられる。
映画では(日本の一番長い日)とか(野火)とかがあった。
終戦を決定するポツダム宣言の受け入れの経緯。
フィリピンでの戦争末期の兵士たちの地獄絵図。

どちらも観ていて苦しくなった。

 ふうてんは、日本はどうして無謀な戦争をやったのだろう?と疑問に思う。
戦争が始まった後の話よりも、何故戦争を始めたのか?に興味が深い。
この疑問はいまだに解けないし、解いてくれるテレビ番組も観たことがない。
戦争で苦労した、という庶民の目からの報告ばかり。
どうして無謀な戦争に突き進んだのか?
為政者たちを動かした根本的な理由はどこにあるのか?
の納得できる解説は今まで聴いたことがない。

 今年は一つだけそれのヒントとなるような番組があった。
歴史ものを扱う番組で、戦争末期の三国同盟(ドイツ、イタリア、日本)を取り上げた。
三国同盟については日本でも意見が分かれていたらしい。
陸軍は賛成派、海軍は反対派だったという。

 番組の解説者の一人が、
(陸軍の幹部は文科系ばかりでね、海軍には理科系もいたのですがね)
と言った。
この一言でふうてんの長年のナゾの一端が解けたような気がした。

 当時、海軍の大臣以下幹部たちは、
(日本は石油を90%、鉄鉱石を70%アメリカから輸入している)
(だからアメリカと戦争しちゃあいけない)
(三国同盟はアメリカを敵に回すから反対)
 
と主張していた。

 一方、陸軍は、
(ヨーロッパではドイツが破竹の勢いで領土を拡大している)
(同盟を結んで日本がアジアを制覇すれば世界を支配できる)
などと主張した、とその解説者は語っていた。

 これだけ聴いて、理科系と文科系の考え方を一般化するのは不謹慎だとは思う。
しかし両者の考え方の違いが象徴的に表れているような気がしてハッとした。
理科系の発想の原点には(自然のありよう)がある。
文科系のそれには(人間のありよう)がある。
二つのテーマを(自然科学系)(人文科学系)などとも呼ぶ。
自然の特性と人間の特性と、どちらに重点を置くかの違いである。

 人間社会はこの二つが相まって成り立っている。
戦争という国家経営の大問題に関して、日本は理科系的発想に欠けていたのではなかろうか。
理科系的発想をすれば、極東の小さな島国で近代工業の為の資源は殆どない。
資源のある国と友好的に付き合うことで資源を賄って近代化には成功した国。
もともと世界と戦争をするような大国ではない。
理科系的に考えると自然にそうなる。

 人間には願望がある。
人間の欲望や願望にはキリがない。
しかし自然的条件には自ずから限界がある。
両方を天秤にかけて上手に国家を運営してもらわないと危なくってしようがない。

 何故日本は無謀な戦争をしかけ世の中に多大な災禍をもたらし挙げ句に無条件降伏したのか?
明治維新当たりからの日本の近代史を(理科系的)に見直したらどのように見えてくるか?
そんなことを考えさせられた今年の(戦争週間)だった。

| | コメント (0)

2016/08/07

2016・8・7 フーテンの寅さん没後20年につき篇

Photo男はつらいよ
フーテンの寅さん

 
 梅雨が明けて猛暑となった。
20年ほど前までは30℃を超えると猛暑だった。
今は各地で平気で35℃を超えるようになった。
このまま温暖化が進むとどうなるのだろうか。

 このところNHKや民放で妙にフーテンの寅さんや渥美清の番組が多い。
どうしてだろう?と思っていたら渥美清の没後20年ということだった。
とりわけNHKがリキを入れている。

 ふうてんは寅さんの映画を映画館で観たことはない。
(男はつらいよ)の映画化第一作は1969年8月とある。
この年はふうてんが京都から流れてコンピュータの会社にはいった年だった。
7月に会社の実験室の白黒テレビでアポロ11号の月面着陸の中継を観た。
それからしばらくして8月に(男はつらいよ)は公開されたらしい。

 ふうてんは当時洋画ばかりで邦画には全く興味がなかった。
(男はつらいよ)とか渥美清とかがふうてんの視野にはいってきたのは随分遅かった。

 一つはシリーズが始まって10年後くらいに会社の英会話教室に通ったときだった。
この教室にはアメリカから流れてきた講師たちが入れ代わり立ち代わり登場した。
その中の一人、中年も過ぎようとするアメリカ人のオッちゃんがこう言った。
(僕はフーテンの寅さんが大好きなんだ)
(映画は全部観たしビデオも揃っているんだ)

 ふ~ん、面白いなあと思った。
アメリカから流れてきた、おそらく一人住まいのこのオッちゃん、
自分を寅さんと重ね合わせているのだろうかと思った。
10年後だから20作目のころだった。

 もう一つは小林信彦の(おかしな男)を読んだときだった。
小林信彦という物書きは中原弓彦という別名も持っている。
エッセイストなのか小説家なのか放送作家なのか不思議な人である。
ふうてんは彼のハリウッドや日本の喜劇人を扱った作品が好きだった。
渥美清とは、寅さんでブレークする10年くらい前からの付き合いだったという。

(男はつらいよ)の寅さんとは全く違う渥美清の人物像が新鮮だった。
渥美清は1928年、東京の台東区上野生れ。
小林信彦は1932年、東京の日本橋区両国生れ。
同じころに隅田川の両国橋を挟んだ下町で生まれ育った江戸っ子同士である。
この(おかしな男)を読んで渥美清やフーテンの寅さんに興味が湧いた。

 実際に映画を観たのはテレビで放映されるようになってからだった。
NHKや民放で48作全てが放映されたと思う。
半分以上はデジタル録画してブルーレイに納めている。
渥美清と山田洋次監督は映画史に残る世界を作ったなあと思う。

 第一作目の(男はつらいよ)について二人はこう語っている。

山田監督
(渥美さんの中から、ふわ~っと車寅次郎が誕生してきたんですよ)
(彼が演じているというより彼の中から出てきたという感じだな)
(だから寅さんはイコール渥美清さんだなあ、という)
脚本を読んで渥美清はこう思ったとか。
(そ~っとこう、何というか鳥肌が立つような興奮がね)
(す~っとありましたね、それは今でも体で覚えています)
(で、それと同時に、その~、非常に嫉妬を感じましたね山田洋次という人に)
こういう二人の心境は我々凡人には想像するしかない。

 喜劇の面白さ、楽しさの一つに(大いなるマンネリ)というのがある。
同じような、おかしなストーリ展開が繰り返される。
(そろそろ寅さんが現われるよ)
(きっと揉め事が始まるよ)
(ここで寅さん旅に出るよ)
 
・・・
同じように繰り返されるところがまたおかしい。

 旨い食べ物は何度食べても旨い。
上質な喜劇にも同じことが言えるようで・・・。
これからもシリーズの中でも一番好きな(男はつらいよ 第一作目)
を何度も観るに違いない。
谷崎潤一郎は(瘋癲老人日記)
渥美清は(フーテンの寅さん)
及ばずながらこちらは(ふうてん老人日記)

 お後がよろしいようで。

| | コメント (0)

2016/08/01

2016・7・31 女都知事が誕生した篇

P7160307ブラック・ベリー

ジャムにすると野生の味がする

 やっと梅雨が明けた。
昼過ぎに土砂降りのにわか雨が降りやがて晴れた。
今日は東京の知事選挙だった。

 結果は小池百合子女史の圧勝だった。
男性候補二人にダブルスコアの差をつけた。
投票した人の半数の票(約300万票)を獲得した。
野郎どもは完敗の選挙となった。

 このところ世界の主要な国で女性首長が多くなってきた。
イギリスではメイ首相。
ドイツではメルケル首相。
台湾では蔡英文総統。
ミュンマーのアウンサン・スーチー女史。
アメリカのヒラリー・クリントン女史。

 中国やロシア以外では女性の進出が著しい。
日本でも首都東京の女性知事が誕生した。
そのうち女性の首相が誕生するのだろうか。
 
 都知事になった小池女史の経歴を見るととても野郎にはマネが出来ないなと思う。
エジプトに留学。
テレビのニュース・キャスター。
政界入りしてからは以下の政党に所属した。
日本新党、新進党、自由党、・・・、自由民主党。
その間、環境省や防衛省などの大臣も務めた。
 
 やはり、ふうてんには女性のことがよく分からない。
野郎どもはもう少し単純ではないかと思う。
あれこれと同時に考える能力は男性より女性の方が優っているという説がある。
左脳と右脳をつなぐ脳梁が男性よりも女性の方が太い、というのが根拠だとか。

 このところ、~女子(じょし)という言い方がはやっている。
(農業女子)なんて言葉を10年くらい前から聴くようになった。
野郎が専門にしていた職業に女性が参加すると(~女子)と言われる。
これは女性差別だと怒るご婦人方もいた。

 ふうてんはこの(~女子)の話題に割と興味がある方である。
去年だったか(競馬女子)が現われて中央競馬で2勝し地方では勝ち続けている。
カワユイ若い女の子が競馬で勝つのだから競馬場は満員になる。

 最近驚いたのは(ハンター女子)だった。
イノシシやシカの農業被害は年々ひどくなっている。
各地の猟友会はお年寄りばかりで若い野郎どもははいって来ない。
そこへ(農業女子)の若い女性がはいってきた。
猟銃の撃ち方を練習して既に3頭のシカを仕留めたという。
(農業を守るためにはこういうことも必要だと思いました)
と、まことに自然なコメントをテレビで聴いた。

 左脳と右脳をつなぐ脳梁は太い方がいいのか細い方がよろしいのか。
太いと左右のバランスは良くなるけれど、どちらか一方の到達点は遠くないかもしれない。
左脳や右脳の最大限のポテンシャルは引き出せないかもしれない。
いいか悪いかではなく、確かに女と男は違う生き物であるようだ。

 女都知事が誕生して、そんなことも考えさせられた。
 

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »