« 2016・7・3 セキレイの子育てを観た篇 | トップページ | 2016・7・31 女都知事が誕生した篇 »

2016/07/13

2016・7・13 東京都知事選挙の狂想曲が始まった篇

Photo夏の花 ムクゲ

 2016年の今年は選挙の年といわれる。

アメリカやヨーロッパやアジアや日本でいろんな首長選びが行われる。
日本では参議院選挙が終わり、今は東京都知事選挙で騒がしい。

 今年になってアメリカの大統領選挙の予備選がありトランプ旋風が吹き荒れた。
異星人のようでもあり、いかにもアメリカらしいなという気もする。
アメリカの大統領選挙は一年近くつづく。
このことがまずふうてんなどには想像もつかない世界である。
一年も続くものだから何百億円も宣伝費がいるとも聴く。
この資金を調達できない候補に勝てる見込みはない。

 ヨーロッパではイギリスのEU離脱が国民投票で決まった。
キャメロン首相は即刻辞表を出し、次はメイという女性首相に決まった。
近々バッキンガム宮殿でエリザベス女王の認証を受けるらしい。
キャメロンは公用車で宮殿へ行き、帰りはタクシーに乗るのだろうか。
以前そういう話を聴いて、イギリスって面白い国だなあと思ったことがある。
日本と政治制度は似ていて、王がいて首相がいて議員がいる。
ただ首相の選び方が違っていてイギリスでは選挙に勝った党の党首が自動的に国の首相になる。
前首相は公用車で宮殿へ行き女王に権力の座をお返ししてタクシーで帰る。
新首相はタクシーで宮殿へ行き女王と握手して励まされて公用車で帰る。
こういう具合だから政治の話の進め方がテキパキしているようにふうてんには思われる。

 日本では、特に東京方面では舛添都知事のお金の使い方を連日テレビが報道した。
2カ月も3カ月もそれをやっているうちに参議院選挙となった。
選挙の前にテレビで参議院選挙の話題は殆ど報道されなかった。
終わってみれば与党の圧勝で2/3の勢力を確保していたのだった。
2/3を超えると憲法改定の発議ができるという。
してみれば(舛添狂想曲)は与党の改憲派の書いたシナリオだったのだろうか?

 東京都知事選挙は7月31日である。
これから2週間あまり、今度は(東京都知事選狂想曲)を楽しむことになる。
楽しいのか、楽しまされるのか分からないけど、ふうてんなどは面白がって観てやろうと思う。
明日の公示前の今日13日の夜になって、小池、増田、鳥越の三つ巴の戦いに決まった。
なかなか見どころのある選挙戦になりそうである。

 右目の視界が良くなって、40インチのソニーのテレビが買い換えたようにクリアに見える。
左右のアンバランスも少し慣れてきてチャリに乗っても不安定感はなくなってきた。
問題はこの梅雨時の蒸し暑さ。
若いときから苦手だったこの季節、70歳も過ぎるとこたえますなあ。
体も頭もすぐに疲れて思うように動いてくれしまへん。

|

« 2016・7・3 セキレイの子育てを観た篇 | トップページ | 2016・7・31 女都知事が誕生した篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016・7・3 セキレイの子育てを観た篇 | トップページ | 2016・7・31 女都知事が誕生した篇 »