« 2016・4・24 新芽から新緑になった篇 | トップページ | 2016・5・8 5月の連休も終わって篇 »

2016/05/02

2016・5・1 天と地と海と篇

P42703082フジの新芽

新芽狂想曲の終楽章

 熊本の大地震はいろんなことを考えさせられる。
 
地震とは何なのだろう。
 
震度とかマグニチュードとかが、まず分からない。

 日本は(地震列島)と言われるくらい地震が多い。
 
(火山列島)とも言われるから、地震と火山は関係しているのだろうか。

 今回の熊本地震について、テレビでいろいろと解説を聴いた。
 
(~断層)という言葉がよく聴こえてきた。
 
活断層というのもよく聴く。
 
ふうてんの住んでいる国立は(立川活断層)の近くにある。
 
活断層って何なのだろう。

 ふうてんなどは今回の熊本大地震を聴いて、
 
(アッ、阿蘇山やな、阿蘇山が暴れやがったな)
 
と思った。
 
ふうてんの嫁はんの実家は別府の駅前の温泉旅館である。
 
そこから(やまなみハイウェー)を走るとすぐに阿蘇山の外輪山が見えてくる。
 
阿蘇山一帯の広大な空間が見えてくる。
 
その真ん中で今でも阿蘇山は白煙を上げ続けている。
 
活火山なのである。

 この地震は火山活動の一環に違いない、とふうてんは思った。
 
ところがテレビではいろんな(地震学者)たちが出てきて、活断層がどうだとか説明する。
 
(熊本にはこういう風に活断層が集中していまして)
 
などと、地図を使って説明する。
 
地震学者たちは(火山活動)と(活断層)との関係を説明しない。

 やはり火山とか活断層とか(地中)のことは難しいのだろうか。
 
この世界は(天)と(地)と(海)で成り立っている。
 
(天)は宇宙の果てまでつながっている。
 
(地)は地球の底までつながっている。
 
(海)は山の頂きから川を流れ大海の奥深くまでつながっている。

 天と地と海は(気体)(固体)(液体)と言い換えることもできる。
 
この中で一番はいり込みにくいのが(固体)ではなかろうか。
 
固体、つまり地球の大地の底の研究は難しいのかも知れない。

(邪馬台国の遺跡か?卑弥呼の住居か?)
 
などと九州や奈良方面でときどき話題になる。
 
考古学というのも大変な仕事で、せいぜい数メートルの地中を掘り起こして証拠物件を探すしかない。
 
数十メートル、数百メートル、数千メートルを掘り起こして調べるのは容易ではない。

 空やら海やらだと数千メートルくらいは楽な(?)ものである。
 
空だと、何年もかけて火星に人を送ろう、なんて企て(くわだて)も聴こえてくる。
 
海だと5000メートルくらいの深海までは行けそうである。
 
しかし、あなた、地中に何メートルまで行けます?

 20年ほど前に、国立市の水道局の人に来て貰ったことがある。
 
ヤカンでお湯を沸かすときに匂いがするので、心配して来て貰った。
 
結果は新しいヤカンが塩素だかカルキだかに反応して匂うのだった。
 
しばらくすれば大丈夫です、と水道局の職員は言った。
 
せっかく来てもらったので無駄話に付き合ってもらった。

 国立の井戸は地下1200メートルでしてね、と言った。
 
つまり国立の水道水はどこかのダムから引いているのではなく井戸水だった。
 
(1200メートル下はどうなってました?)
 
などと国立市の水道局のお兄さんに聴くのは酷というもの。
 
感心したのは、毎朝、水道水でお茶を淹れて飲んでいるという。
 
人体実験である。
 
水道水が大丈夫かどうか、職員たちが毎朝確かめているらしい。

 ふうてんは、地中の研究が足りないと思うことがある。
 
原子力研究者は何をしているのだろうと思う。
 
いろいろと原子力の理論的な研究をするのもよろしい。
 
しかし原子力の現場としてまことに身近なものがありゃあしませんか。
 
つまり地球というまことに身近な存在のこと。
 
地球の奥底で原子力が活動していやしませんか、ということ。

 自然エネルギーが大切だ、原発はいけない、などという運動もある。
 
太陽光発電で自然にやさしいエネルギーを!!
 
などとも聴く。
 
では、その太陽方面はどうなっているのだろう?

 我々の知っている身近な宇宙は銀河系と言われて太陽が中心だと教えられてきた。
 
その真ん中で太陽は光り輝いている。
 
これのエネルギー源は何なのだろう?
 
と考えると(原子力)以外にないじゃありませんか。

 太陽は(核反応)によって光り輝いて熱を発散しているに違いない。
 
地球は地底のど真ん中で(核反応)が続いているから暖かいに違いない。
 
原子力委員会だかの皆さんからこういう話を聴いたことはない。

 余命が少なくなってこんなことを考えるようになったのかも知れない。
 
或いは、時間て何だろう、いつ始まって終わりは?
 
考えても考えきれないから考えないことにしよう。
 
などと若いころに思い悩んで思考停止になっちゃった。
 
理論よりも感覚で生きる人生になってしまった。

 良かったのか悪かったのか。
 
どちらでも、ないかもなあ、などと考えている。

|

« 2016・4・24 新芽から新緑になった篇 | トップページ | 2016・5・8 5月の連休も終わって篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016・4・24 新芽から新緑になった篇 | トップページ | 2016・5・8 5月の連休も終わって篇 »