« 2016・3・20 春はあけぼの篇 | トップページ | 2016・4・3 入学式の日に満開となった篇 »

2016/03/27

2016・3・27 桜が咲いた篇

P3230309桜通りのソメイヨシノ
 

苔むしても花を咲かせた


 今年の桜は早く咲いて遅く散るのだろうか。
そんな気配がある。

 今年の桜は何日に開花するか?
いつ満開になって、いつ散るだろう?
そのことに我々日本人は毎年大騒ぎをする。
東京では(開花宣言)のようなことを気象庁がやる。
靖国神社の特定の桜の花が5輪以上咲いたら(開花)だとか。
ふうてんは念のために、その靖国神社の桜の木を確かめに行ったことがある。
こういう国は世界にめったにないのではなかろうか。

 我が国立でも靖国神社での開花宣言の1、2日後に桜が咲いた。
多摩地区だからして気温が1℃ほど東京都心よりは低い。
それで1日遅れる。
ほんと?
 
・・・
証拠物件が掲記の写真である。
靖国神社の開花宣言の1、2日後に我が桜通りで写した。

 桜との付き合いの記憶。
我々日本人には幼いころからのそれが積み重なっている。
物心つく小学校の入学式当たりからのそれが積み重なっている。
何かが始まる・・・それの象徴として桜の花はピッタリなのだった。
一年の内で特定のタイミングに花を咲かせて短いうちに散る。
早く散ることで、なおさらピッタリだったと思う。
これがダラダラと長持ちする花だとそうはいかない。

 ふうてんの70回目のサクラが咲いた。
谷保天神の梅と一緒で、この桜も今年が見納めかもしれないなあ。
そういう思いで今年の国立の桜狂奏曲を観てやろう。
寒波のせいで今年の桜は長持ちしそうだ。
あと2週間ほど桜花のありさまを観て楽しむことにしよう。

 桜通りを散歩して、昔聴いたご婦人方の愉快な会話をもう一度聴いてみたい。
あの時、3、4人で連れ添って桜見物で歩いていたご婦人方とすれ違った。
(桜っていいわねぇ)
(そうよねぇ、毎年咲けて)
そのように、ふうてんの耳には聴こえてきた。
これはご婦人方ならではの会話だなあとふうてんは感心したことを覚えている。

|

« 2016・3・20 春はあけぼの篇 | トップページ | 2016・4・3 入学式の日に満開となった篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016・3・20 春はあけぼの篇 | トップページ | 2016・4・3 入学式の日に満開となった篇 »