« 2014・8・17 ローレン・バコールのこと篇 | トップページ | 2014・8・31 電話するのを忘れたまま繁すしへ行った篇 »

2014/08/25

2014・8・24 F-1ならぬフォーミュラEとは何者だろう篇

24P8240447 
夏草や シロちゃんたちの 夢のあと

クロもシロもここに眠っている

 お盆も過ぎてさすがに猛暑も終わりつつある。
昔、今日出海(こんひでみ)が京都で入院していたとき、(地蔵盆どすえ)という声が聴こえてきてビルの谷間にも秋風が吹き始めた、と書いていた。
この人は今東光の弟で初代文化庁長官を務めた作家で兄よりも早く直木賞をもらった。
1960年代、1970年代にモナリザを日本に招聘するなど文化活動に活躍した。
小林秀雄は同世代の彼を(今ちゃん、今ちゃん)と呼んでいた。
ふうてんなどにとっては懐かしい人の一人である。

 隠宅の小さな庭には毎日コナラのまだ青いドングリや小枝がパラパラと落ちる季節になった。
ベランダや庭やお隣の通路にも結構積もる。
庭師がそれらを掃除するときに一枚写した。
クロもシロも元気だったころの一枚と並べてみた。

 先週、テレビ朝日で録画した番組を観ていると(フォーミュラE 9月開幕)とか出てきた。
F-1と同じようなレーシングマシンが走っている。
おやっ?F-1はフジテレビのはず。
どうしてテレビ朝日で?・・・フォーミュラE・・・??

 テレビ朝日でその後、関連する番組があった。
F-1で活躍した鈴木アグリと片山右京の対談だった。
どうも電気自動車のレースのようであった。
グーグルに聴いていろいろと分かってきた。

 Eというと電気とかエコとかを思い出させる。
それでFIA(国際自動車連盟)のホームページを覗いてみた。

FIA Formula E Championship
とは、

The new global electric racing series

Formula E is a new FIA championship featuring single-seater cars powered exclusively by electric energy. It represents a vision for the future of the motor industry over the coming decades, serving as a framework for R&D around the electric vehicle, accelerating general interest in these cars and promoting sustainability.

 などと出てきた。
要するに石油などの化石燃料を燃やすだけのエネルギーから再生可能エネルギーへの転換の時代。
その時代に相応しいモータースポーツを企画したというのである。
何故か世界自動車連盟(FIA)の本部はフランスのパリにある。
このFIAがF-1やいろんなラリー競技の規格を作っている。
ちなみにFIFA(国際サッカー連盟)の本部はスイスのチューリッヒにある。
どうも国際的ないろんな規格を決める本部がヨーロッパに集中しているのはアジア人としてはあまり面白くない。
ま、あちらが先進国集団だからしかたない、か。

 (electric energy)を使った車に限定される、とあるから今の電気自動車そして既に始まっている燃料電池車などになるのだろうと想像される。
電気自動車は文字通り電気を燃料とする。
燃料電池車は水素を燃料として発電してその電気でモーターを回す。
どちらも化石燃料を燃やすエンジンを使わない。
従ってCO2などの有害なガスを発生しない。
大きな爆発音も出さない。

 それで特別なサーキットではなくレースは全部市街地で行われる、とか。
例えば2014年度は10レース行われる予定で以下のような街が候補だとか。
北京、アメリカのマイアミ、モナコのモンテカルロ、ブエノスアイレス、ベルリン、ロンドン・・・。
おやおやと思う。
モナコ以外ではF-1レースとはずいぶん違う。

 F-1レース用のサーキットはその騒音が大きいため富士スピードウェイのように大抵は山の中とか人があまり住んでいない地区にある。
電気自動車だとタイヤの音と風きり音だけだから市街地でもOKという次第。  

 市街地で行うイベントだからレースを核としていろんな催し物をやる。
つまりはオリンピックと同じような経済効果も狙おうという魂胆らしい。
2014年度はとりあえず10都市が候補になっているけれど将来は15、6になるのだろう。

 鈴木アグリと片山右京の対談で残念だったのは日本企業の参加が少ないことだった。
鈴木アグリのチームも日本国籍として参戦する予定だったのがイギリス国籍としての参加になったらしい。
こういう話を聞くと、エネルギーについても先進国はやはり先を進んでいるなあとため息が出る。
日本は新しいエネルギー対策を何も打ち出していない。
相変わらず石油を買って天然ガスを買って原発に頼ろうとしている。

 それでも、フォーミュラEが大きな話題になると日本の自動車メーカも黙って観ているわけにはいかなくなる、はず。
電気自動車から燃料電池車へ。
産業革命は動力革命だった。
それから250年ほどたって新たな動力革命が起ころうとしているのかもしれない。
フォーミュラEはその先駆けのイベントになるのだろうか。
キャッチフレーズは山のように考えられる。

|

« 2014・8・17 ローレン・バコールのこと篇 | トップページ | 2014・8・31 電話するのを忘れたまま繁すしへ行った篇 »

コメント

人丸どの

 そうなんですよね。
ピット作業にしろ音や匂いにしろ、これまでのF-1とは別物のようですね。
ガソリンの代わりにバッテリを交換するのかと思ったら、別の車に乗り換えるというから驚きです。
電気自動車のバッテリの構造が複雑なのでしょうね。

 当方はF-1見物の経験はありませんが大学3年生の頃、出来たばかりの富士スピードウェイで開かれた(第3回日本グランプリ)を見物に仲間たちと来ました。
東名高速なんて当時まだなくて京都から国道1号線を浜松まで走り、あとは246号線で御殿場まで、でしたかねぇ。

 いろんなクラスのレースがあって最後は(プロトタイプ)と呼ばれる2座席のレーシング・マシンでした。
ニッサンのR380が優勝した伝説的なレースになったのでした。
この車が今のスカイラインGTRの元なのですね。

 レースの楽しみは何といっても爆音と匂いでした。
公道では許されない、けたたましい音を吐きちらしながら走ります。
僕たちは勿論、一番きついカーブ、ヘアピンのところに陣取って見物しました。
急ブレーキで白い煙がパッと上がります。
曲がり切ったところからローギアでフル・アクセルです。
音が大きいはずやわ。

 そのうち匂いが流れてきました。
当時レーシング・マシンは普通のガソリンじゃない特殊な燃料を使っていたと聴きます。
それの排気の匂いかなと思いました。
後で分かったのはその匂いはヘアピン前で急ブレーキを掛ける時のタイヤの焦げる匂いでした。
コンブが焦げるような匂いなのでした。

 普通の道では味わえない爆音とか匂い。
カーブでスピンして転んだり、せめぎ合ってぶつかったりすると大拍手です。
日常では味わえない野蛮な爽快感、カタルシスを味わったのでしょうなあ。

投稿: ふうてん | 2014/08/25 14:17

電気自動車は内燃機関よりパワフルのようですが、レースでは各チームは複数台を充電してスタンバイさせるようです。従来のピットの早業ではなく、レーサーが乗り換える時の足の速さが鍵になるとの話をアメリカの雑誌で読みました。でも排気音や排気ガスの匂いがしないレースというのはどうなんでしょうね。

投稿: 人丸 | 2014/08/25 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014・8・17 ローレン・バコールのこと篇 | トップページ | 2014・8・31 電話するのを忘れたまま繁すしへ行った篇 »