« 2013・10・20 隣で地鎮祭があった篇 | トップページ | 2013・11・3 一橋祭で加古隆を聴いた篇 »

2013/10/28

2013・10・27 都は奈良から京都へそして東京へ移った篇

Pa260478Pa260479

台風27号で落ちたドングリ

 この2週間ほど、台風のせいか雨ばかりだった。
10月の始めまでは猛暑だったのに後半になって台風が続いた。
台風が過ぎ去ると急に寒くなってもうすぐ11月。
今日の夕刻、チャリで繁すしへ向かうとき、暗くなったねぇと女房が言った。

 台風のせいではないけれど、このところ日本はどういう国だったっけ?をよく考える。
これからどうしたらいいのだろう?から来るのかもしれない。
日本はこういう国だから、これからもそれでやっていけばよろしい。
という風な漠然とした安心感を求めているのだろうか。

 10月のNHK(BS歴史館)で(日本の転換点1、2)があった。
第1回目は応仁の乱、第2回目が東京遷都だった。
まことに面白く興味深く観た。
応仁の乱 1467-1477
東京遷都 1868-1869
いずれも当時都だった京都を舞台に繰り広げられた(日本の転換点)だった。

 いつの時代も都(首都)にはすべてのものが集まる。
人も物も金も。
その都をめぐる物語として一番大きかったのが上の二つであったと番組は語る。

 応仁の乱は10年も続いた。
20万人以上もの武士たちが全国から集まり、訳の分からない戦いを繰り返した。
室町幕府時代の最末期。
京都には公家、僧侶、武士という三つの支配勢力が濃密に同居していた。
奈良から京都へ都が移ってから700年近くたっていた。
いろんなものが熟し過ぎていたのではなかろうか。
それでハチャメチャな戦乱となり京都は焼き尽くされたらしい。
結果として残ったのは(下克上)という気風と(東山文化)だったと番組は解説する。
下克上の結果1600年ころ徳川家康が天下を取り江戸城に政府を作った。
東山文化はその後の日本の文化(侘び寂び わびさび)の基本となった

 東京遷都はある意味この流れの延長線にあったような気がする。
徳川時代、政府は江戸にあったけれど権威の象徴である天皇は京都にいた。
徳川政府を倒した維新の連中は(都 首都)をどこにしようかと悩んだらしい。
徳川の江戸城を乗っ取って新しい政府だといっただけでは冴えない。
何か新しい要素(サムシング・ニュー)が欲しい。
そうだ 京都 行こう。
それで15歳くらいだった明治天皇を大阪見物やら江戸見物やらに連れ出した。
それまで京都御所を一歩も出たことのなかった少年はかなり興奮したようだった。
大坂城見学のあと、
(ちょっと江戸城も観てみませんか?)
(悪くないね)
(江戸という名前も古いし、居心地が悪いでしょうから東の京としたらいかが?)
(うん、悪くないね)
(では、ちょっと京都から東の京へ行ってくるというような塩梅で)

 だから東京遷都はなかったと盟友の歴史学者JOさんはいう。
今でも京都が都であるという説である。
確かにこの番組でも(東京遷都)という正式発表は一度もなかったと言っていた。
密かに、秘密裏に天皇を東京へ移したのである。
そういうことを前提に西郷隆盛-勝海舟の無血江戸城開城は行われたのだろうか。
 
 京都にしろ東京にしろ日本の首都の話になるとキリがない。
ふうてんなどは都から遠く離れた四国の伊予で生まれ育った。
四国という小さな島で育った。
海を渡って本州という大きな島に住むようになったのは18歳のときだった。
京都の大学へ通うためだったけれど、要領が悪く京都で下宿先を見つけられなかった。
それで奈良の知人の家に下宿することから(本州)での生活が始まった。
 
 しばらくその奈良のお家にお邪魔してから京都へ移った。
京都へ住み始めて初めての印象は下鴨神社の葵祭だった。
下鴨神社の近くに下宿できたらしい。
それから5年ほどたって東京へ流れた。
考えてみれば本州でふうてんが住んだところは奈良→京都→東京ということになる。
いずれも日本の都であったところで、順番もこのようであった。
旅で訪れるのとそこに住むのではその土地に対する認識が決定的に違う。
奈良は香りを嗅いだだけだったけれど、京都と東京は住んだものとしてかなり分かる。
 
 逆に、都でないところに住んだ経験が18歳以降ないので、地方の活性化という風な言葉の実感を持てないようになってしまっているのかもしれない。
たまに伊予に帰ることがある。

 その度に思う。
小さいなあ、と。
同時に、都に集まった人たちも本当の等身大の自分はこの小さなところにあるんだよ。
都は大きくて何でもあることを自分の写像と勘違いしないでね。
とも。

|

« 2013・10・20 隣で地鎮祭があった篇 | トップページ | 2013・11・3 一橋祭で加古隆を聴いた篇 »

コメント

名なしさん

 どなたか分からないので迷いますがせっかくですからお応えします。
奈良から京都へ遷都するとき何か持って行ったものはないかとのご質問。
遷都というと桓武天皇に聴かないと分かりませんね。
途中で山城やら長岡に途中下車したのでややこしいでしょうが。
個人的に奈良から京都へ引っ越したときと捉えてお応えします。

 伊予から奈良,そして京都、東京と流れました。
いつも18歳のときに伊予の家を出たときに持たされた柳行李(やなぎごおり)一つでした。
中には身の回りのもの、例えば下着とかノートとか本とかでした。
1960年ころまでの日本人はそんなに物を持っていなかったのでしょうね。
身軽でいい時代だったと思います。

投稿: ふうてん | 2014/04/23 11:59

奈良から京都へ遷都する際、なにか荷物でも持って行ったと思うのですが、なんか思い当たるものはありますか?
まさか着の身着のまま京都へなんてことはないはずですし。

投稿: | 2014/04/23 09:49

JOさん

 明治維新から145年ですか。
いろいろありましたねぇ。
前半の70年ほどは戦争ばかり。
後半は一応平和な時代が続きました。

 先日天野祐吉さんが亡くなりました。
愛媛県にも縁のあるお方なので注目していました。
広告批評という独自のスタイルの論評を繰り広げましたね。
高度成長、バブル期を経て日本は成長・拡大よりも文化力に注目した方がよろしい。
まだ日本には長年培われた文化力は残っている、と。

 徐々にその方向に向かってくれるといいのですが。
小さな島国で少子化するのですからスモール・イズ・ビューティフルで行きましょうや。

投稿: ふうてん | 2013/10/29 11:50

ふうてんさん 今日は朝から冷たい雨です

 急に秋を飛び越え、冬が来てしまったように寒いです。河原での野鳥や虫や獣の観察もこれから冬装備でやらねばなりません。

 応仁の乱と東京遷都、大きな歴史的エポックでしたね。司馬遼太郎の応仁の乱の成果は従来の特権階級を打ち壊し、身分制度も大混乱させ、現在の欧州の貴族が未だに存在し特権を持つ社会とは異なる社会を創造したと、言うてました。

 明治維新も従来の特権階級の武士を崩壊させ、また新たな、頑張る人間に光があたる世の中を創造した。と、考える事も出来ますね。この2大事件以外にも、壬申の乱、天武天皇の功績も大きいと思います。隣に唐という大帝国が生まれ、危機意識が強く、歴史書の編纂や天皇制の制定や中央集権国家の歩みを始めました。伊勢神宮創設も彼の仕事でした。

 鎌倉幕府創設した頼朝は天皇・公家が支配する西日本を相手に、東国国家の旗揚げをした武士国家も日本の歴史に転換をもたらせました。日本人の物作り精神や武士道、一所懸命の精神が生まれました。
 どんな切り口で歴史を観るかで、色んな事件に光があたるでしょうね。

 プーチンさんのロシア、毛沢東さん路線の一党独裁の中国、大国に挟まれたかじ取りの難しい半島の韓国、明治維新後アジアで一番早く西洋文明を導入した日本、これからも2千年の歴史を踏まえ、日本丸は独自路線で行きましょう。

投稿: jo | 2013/10/29 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013・10・20 隣で地鎮祭があった篇 | トップページ | 2013・11・3 一橋祭で加古隆を聴いた篇 »