« 2013・7・14 家も生れて死んでいく篇 | トップページ | 2013・8・4 Muさんが死んじゃった篇 »

2013/07/21

2013・7・21 参院選も終わって篇

P7130848_2こうなった

 今日は参議院選挙の日で、予想通りの結果に終わった。
衆議院とか参議院とか、あまり意味の分からないまま我々は投票する。
政治と我々の生活は近いようで余りにも遠いような気もする。

 今日は日曜日なのだけれど朝から落ち着かなかった。
あれこれと気になることがあり、どういう順番でこなすか迷った。
といっても大したことではないことばかり。
カレンダーを見ると、天神太鼓も今日だと分かった。
参院選の投票、タバコ関係の買い物、天神太鼓、書簡集。
一日に4つも用事があると落ち着かない。

 結局は天神太鼓を聴いた後、投票をして書簡集へ寄った。
タバコ関係の買い物と関連の由無し事はまた別途ということになった。
まずは天神太鼓である。

 家からチャリで百恵ちゃんちの傍を通って国立市芸術小ホールへ向かう。
チャリで5分もかからないところにこのホールはある。
市役所に隣接しているところにあり年中いろんな催し物がある。
今日は以下のような催しだった。
(音楽・パーフォーマンス祭)
歌やダンスや楽器演奏で日曜の午後を楽しんでもらおうという催し。

 天神太鼓の演奏が始まった。
天神太鼓は正式には(やぼ天神太鼓)という。
今回は子供ばかりの演奏で15分くらいだった。
子供といっても5歳から16歳くらいまでの15人ほどが登場した。
3曲目くらいに大好きな(三宅太鼓)が演じられた。
やはりこの曲はすごい。

 今まで野外ではいろんな形でこの曲を聴いてきた。
しかしこの小さなホールで目の前で演じられる(三宅太鼓)の迫力はまた違った。
耳で聴くというよりも体で感じる太鼓の連打なのであった。
腹に響く、というのはこのことなのだろうか。
子供たちが6個ほどの太鼓で緩急、強弱を自在に操って(三宅太鼓)を演じる。
この曲の時は太鼓を横向きに置く。
一つの太鼓に二人がかかって一人が叩き、二人が叩き合う。
単純なテーマの繰り返しなのだけれど6個の太鼓、12人の叩き手で複雑なサウンドが醸しだされる。

 素晴らしい。

 太鼓のあと家族三人揃って投票に行った。
これも歩いて5分ほどの中学校。
この前の都議選のとき、うちのガキは初めて(選挙権)を行使したようだった。
ふうてんが初めて(選挙権)を行使したのはいくつだったろうか?
25歳で結婚して、2~3年たってからだったように思う。
生活感のない世代に投票に行けと言っても・・・。

 書簡集でマスターと話した。
(マスター、どうも日本人は政治なんて興味ないようですなあ)
(参議院なんて、どういう意味があるのでしょうねぇ)
(分からないねぇ、戦後急遽作った制度だよね)
(衆議院、参議院も意味がないし、政党も自民党と社会党と共産党しかないでしょう)
(確かにね、経営者側と労働者側と資本主義反対側と)
(自民党だけの中で、あいつはいい、あれはダメと人気投票やればいいんですよ)
(確かにね、日本に民主主義なんて笑わせるよね)
(AKB48の秋元康にプロデュースしてもらって選挙やればいいのに)
(そんな感じやねぇ、日本の明治維新て何やったんやろう?)
(開国をして外国人と付き合ってみたら、ということですかねぇ)
(その結果、ろくなことなかったなあ)
(徳川時代に戻りますか)
 
・・・
 笑い話で楽しく過ごした。
マスターに言わせると競馬ファンの方が選挙よりよっぽど真剣に投票しているという。
なるほど、とふうてんは思った。
投票とは、どの馬に賭けて馬券を買うかということである。
お金がかかっているか真剣になる。
でも、本当は選挙だって同じことなのだけどなあ・・。
(馬券買わないと当たりも外れもないよ~)
(選挙で投票しないで政治に文句は言えないよ~)

・・・

 江戸時代に戻って池波正太郎の鬼平や梅安と過ごしてみたいなあ。
このところつくづくとそう思う。

(ふうてんアーカイブス)
 2013 東隣りがなくなった

 
シロやロシナンテも落ち着かない

P7120847_3








P7130873_4

P7130876_2



 

 

P7130873_3

 

P7130883P7130872_7



P7130883_2

 

|

« 2013・7・14 家も生れて死んでいく篇 | トップページ | 2013・8・4 Muさんが死んじゃった篇 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。