« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月に作成された記事

2011/04/25

2011・4・24 ガマちゃんが市長になった篇

大学の森Mori

 30年ほど前に国立へ越してきてから選挙の投票所は近くのニチュウである。

国立市立第二中学校。

隠宅から歩いて5分ほど、いつも乗る南武線矢川駅への途中にある。

今日は夕刻女房と市長選、市議選の投票に行ってきた。

夜中になってNHKテレビでは国立市長選、佐藤一夫当選確実と報じている。

 一カ月ちょっと前に、ガマちゃんに会った。

ガマちゃんこと佐藤一夫さんは谷保村の原住民である。

国立はもともと谷保村だった。

そこに大昔から住んでいる一族の末裔である。

(ガマちゃん、今度の市長選、立候補するの?)

(はい、します。僕も63歳になりますんでね。)

と、応えた。

(ガマちゃん、63歳と市長選の関係は分からんけど、ともかく応援するよ)

・・・

 ガマというのはカエルのことである。

骨相がカエルに似ていて、何となく憎めない顔かたち、体型であることからこのニックネームがつけられたのだと思う。

たまに(佐藤さん)と呼ぶこともある。

しかし(ガマちゃん)の方が分かり易く、我々知り合いの中ではそう呼んでいる。

そのガマちゃんが、とうとう国立の市長になってしまった。

 ガマちゃんと知り合ったのは繁寿司だった。

文酔連という草野球チームがあり、チームのメンバーはよく出入りしていた。

ガマちゃんはそのチームでキャッチャーをやりキャプテンでもあった。

このチームは山口瞳さんの小説(居酒屋兆治)のモデルとなった人が作ったらしい。

その人のモツヤキの店が(文蔵)という名前でJR南武線谷保駅のすぐ近くにあった。

山口瞳さんも野球が好きだった。

 ふうてんも何度かその野球チームにはいらないかと勧められた。

練習場はすぐ近くの(第三公園)である。

何度も練習風景を見に行っていた。

しかし、残念ながらふうてんは運動神経ゼロなのである。

迷惑をかけるだろうし、すぐに骨折したりするだろうから、はいらなかった。

しかし、繁寿司コネクションというやつでメンバーとの交流は続いた。

ラガーマンもこのチームの一員で、ポジションはレフトだけれど背番号は野村の(19)だった。

 そのガマちゃんが(僕も63歳になりますので)と言って市長選に立候補して当選した。

ふうてんは人生の半分近く住んでいるので国立市民と言っても失礼ではないと思う。

その国立の住民の一人としてガマちゃんの当選を嬉しく思う。

 

 彼は長く国立市の助役を勤めた。

家から近い市役所へ行くと、市長の部屋の隣に彼はいた。

市役所の窓口で(ガマちゃん今日いる?)と聴くと、職員の人たちはすぐに応えてくれた。

みんな彼のことを(ガマちゃん)と呼んでいた。

10年近く前、市役所をやめて福祉関係の仕事を続けてきた。

世のため人のためという思いの強い御仁である。

 彼は63歳になって国立市長になった。

ふうてんは65歳になって、何に・・・なれば・・・いいのだろうか。

| | コメント (0)

2011/04/18

2011・4・17 桜は咲いて散っていった篇

モモその1Momo_1 (絵をクリックしてさらにクリックすると・・・)

 

 先週末に八王子エコ・サミットがあった。

話題は東北の震災が中心となる。

一カ月以上も我慢していたのだから今夜は騒いでもいいよね。

そんなことから話は始まる。

(今夜は岩手、宮城、福島の酒しか飲まないからね)

と言ったのは藤井画伯だった。

うまい具合に福島の酒があったのでそれにする。

 花の絵師(藤井画伯)はさすがに真冬の前回は絵を持って来なかった。

今回は、花も咲き始めたらしく画帳を2冊持ってきた。

その一端を紹介させてもらうことにする。

スキャナーが使えるようになったので、ビデオのボケボケよりは少しマシな画像だと思う。

モモその2Momo_2

 藤井画伯は歌がうまくて絵も上手である。

新潟県の佐渡島生まれだという。

お父さんは小学校の(図工科)の先生で、絵を描くのをよく見ていたという。

新潟だからして、家では常に民謡の歌声が響きわたっていた。

眼も耳もそういう幼いころの環境で鍛えられている。

絵筆の確かさはご覧の通り。

音程の確かさは、お聴かせできないけれど、ふうてんが保証する。

演歌だってポップスだってマイ・ウェイだって見事に歌うことができる。

子供のころ越後の民謡のサウンドの中で育った人は(音)に関しては全く違う。

ふうてんのように(伊予には民謡て、ありましたっけ?)と問われる出自とは違う。

うらやましい。

 

 

サクラその1Sakura_1  

 画伯はオリンパスいうカメラの会社に勤めるようになって八王子に住むことになったらしい。

カメラ・・・これは眼の世界である。

定年まで勤められたらしいので短い期間ではない。

図工科のお父さんの絵を見ていた子供のころ、大人になって勤めたカメラ会社。

(眼の世界)はかなり鍛えられたのではないだろうか。

 2年ほど前から急に絵を描きたくなったとおっしゃる。

家庭菜園をやっていて、いろいろな野菜の花などが美しく感じられるようになった。

やがて(俺が目にする花は全部描いてやる)と思うようになった。

 

(咲いている花をスケッチするの?)と聴いてみた。

(いや、僕は花を摘み取って持ってかえって自宅で描くんです)

とおっしゃる。 

 

サクラその2Sakura_2

(どうして?)

(しおれないうちに、よくよく見るんですよ、花やら葉っぱやら幹やらをね)

(そうしてジックリと見ないと絵に正確さが出ない?)

(そういうこと、現場で急いで描こうとしても、それは無理)

(で、一枚どのくらい時間掛かります?描くのに)

(大体、30分から40分かなあ)

・・・

 この1枚、1枚が30分で描けますか?みなさん。

確かな線、色使い、シェイディング、グラデーション。

まいりますね。

子供のころ、佐渡島方面で、お父さんが絵を描くのを見ていた。

子供の吸収力というのは凄いものだなあ。

学校なんて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

2011・4・10  国立での桜狂騒曲篇

桜満開Sakura

 4月10日となって国立でも桜は満開を迎えた。

(花見は自粛するように)という都知事の要請があったとも聴く。

日本語としてこれは間違っていて、自粛は人に要請されるものではない。

(花見は控えるように)という命令なら分かる。

その都知事が当選する都知事選があった。

 今回の選挙では初めて投票に行かなかった。

東京都知事をやって欲しいという人が立候補者の中にいないのでしようがなかった。

国会議員の選挙なら、与党、野党というのがあるのでどちらかに入れればよい。

知事選挙というのはそこが難しい。

投票に行かなかったから誰が知事になっても文句はいえない。

黙って見ていることにする。

 先週の金曜日に(四季の会 冬春篇 一月遅れ)をやった。

本来は3月なのだけれど大震災で延期していたのだった。

話題は東北の大地震、大津波、原発事故と首都圏の計画停電だった。

 3月11日、四季の会の面々は出勤していた。

停電になり、電車が止まり、(帰宅難民)になったという。

歩いて帰るしかなかった。

3時間かかったのもいるし、5時間かかったのもいた。

会社にとどまって夜を過ごしたのも多かったらしい。

地震が起こったあと3時間は会社に留め置かれた。

会社を離れた方が安全なのか留まった方が安全なのか判断できなかったからだという。

 地震や津波は(天災)だとして、原発事故は(人災)だというしかない。

原子力発電をどう考えるか、ということが話題となった。

エネルギー確保の一つとして原子力を使うのはどうなのだろうか?という問いである。

以下のような会話が交わされた。

(自然エネルギー、クリーン・エネルギーが話題になっているよね)

(クリーン・エネルギーというと太陽光発電とか風力発電とかのことかなあ)

(それでエネルギー足りるんやろか)

(そのうち石油や天然ガスもなくなるよね)

(森が無くなってきているから燃やす木もないよなあ)

・・・

(やっぱ原子力て、避けて通れんのとちゃうか)

(原子力発電やめろ、その代わり電気いらん、いうなら分かるよねえ)

(けど、今回みたいに、危ないよなあ)

・・・

(ところで太陽光発電いうのは太陽の光だよね、太陽のエネルギーの元はなんやろ)

(それは・・・やっぱ核反応とちゃいます?)

(なら原子力ということになるなあ)

(地球が暖かいのも、地球の中でマグマちゅうようなものありますよね)

(そのマグマて何やろね)

(やっぱ原子力とちゃいますかねえ)

・・・

(原子力使うん避けられんかもしれんなあ)

(使い方ないんやろかねえ)

(僕らエンジニアにはフェイル・セイフいう設計の考え方がありますよね)

(ああ、故障しても危なくない設計いうやつね)

(そのためには金かかるやろ)

(いろいろ冗長な要素が多くなります)

(例えば?)

(金の計算するの、普通は一つですみますよね、金の計算システムは)

(それで?)

(一つだけだとそれが壊れたとき困るので、もう一つ用意するという二重化をやるんです)

(二重化?)

(二人で計算してダブルチェックをやるんですよ、人間でいうとね)

(二人で計算して合っていると、OKとなると)

(まあそういうことです)

(そやけど、その一人がダウンしたらどないするんやろ)

・・・

(結局、どれだけの正確さのために、どれだけの金をかけるか、ちゅうことですかねえ)

(そういえば昔、府中競馬場のシステムの話聴いたなあ)

(競馬場ですか?あれって金を賭けるところですよね)

(そうよ、電車の切符の自動販売機とはちゃいまっせえ)

(まかり間違うと暴動になる)

(それで、競馬場の金の計算システムやった奴に聴いたのよ)

(そうしたら)

(三重化しとるそうや)

・・・

 馬券の処理だけでもこれだけのコストをかけてやっている。

原子力発電が(コストが安いから)が動機で行われている訳ではないことを信じたい。

何故40年前に原子力発電に踏み切ったのだろう?

エネルギー確保のためにやむを得ず原子力を使うのなら、せめて府中競馬場のフェイル・セイフくらいの発想を取り込んでくれないものだろうか。

ニュースを見る限り、安全性に関して三重化はおろか二重化すらも行われていない。

 これでダメならそれ、それでもダメならあれ、という備えを持たずに原子力を扱う。

エネルギー=質量×(光速の2乗)

という美しくも恐ろしい式をアインシュタインは書いた。

物質が跡形もなくなり巨大なエネルギーになる、という信じられない式である。

我々日本人は1945年にその恐ろしさを経験し、その後美しさに酔いしれて、今またその恐ろしさに戦々恐々としている。

 原子力をどう利用するかは政府や電力会社に任せておくだけでは危なくってしようがない。

(ふうてんアーカイブス)

2011 4月 大震災でも桜は咲く 国立の桜狂騒曲

その1                 Sakura_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2Sakura_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3Sakura_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

2011・4・3 真夜中の電話とは?篇

国立の桜Sakura

 言葉を失ったまま3週間が過ぎた。

桜の開花が今年ほど話題にならなかった年は初めてである。

国立でも桜は咲き始めた。

毎年、咲きそうになると一週間ほど前からソワソワとして落ち着かない。

一輪、二輪とプチプチッと咲き始めると、もう心が騒ぎ始めたものだった。

満開に近くなると町中がお祭騒ぎになる。

それが国立の魅力の一つである。

 今年はどうもいけない。

(野球?選挙?桜が咲いた?それがどうしたの?それどころじゃないよね)

と、大震災と原発事故に対してどうしていいか分からないまま、何事も喜べない。

心の整理もできないまま、日々を過ごしている。

 一人で考えていてもどうしようもないとき、誰かと話したくなる。

人と話して、人の意見も聴き、なんとか納得材料を得たくなる。

同じ出来事について、違う見方をする人もいる。

同じ出来事について、同じ見方をする人もいる。

違っていても同じでも、人の意見を聴くことで一種の(客観性)を得たいのかもしれない。

 土曜日の夜中にラガーマンに電話した。

夜中、というのはたいてい、夜の12時前後である。

いつも奥方が電話をとって、やがてラガーマンが出て来る。

(ん?どうしたんですか)

から会話が始まる。

 深夜の電話に特別の理由はない。

開高健などはよく夜中の2時や3時に電話していたらしい。

(哀れな開高でございます)

から話を始めたという。

沢木耕太郎の証言だと、井上陽水などは夜中に電話してきて、

(宮沢賢治の雨ニモマケズのセリフってどういうのだったっけ?)

と聴いたという。

 人は深夜、思い余って、あるいは思い屈して人に電話したくなる。

相手にとっては迷惑な話に違いない。

それでも付き合ってくれる。

今回のラガーマンとの会話も1時ころまで続いた。

(日本は海に囲まれた国ですよねぇ)

(平地は海沿いのちょっとばかりしかありませんなあ)

(紀元前5000年のノアの方舟伝説のころは関東平野ぜ~んぶ海やったそうやねぇ)

(国立の近くの立川にも多摩川にクジラ公園てあるよね)

(やっぱり東京一円は海やったんや、クジラまで来てたんやねぇ)

(東北の復興・再生にはそういうことも考えんとアカンやろね)

・・・

(ところで原子力発電所、どないするんやろ)

(原子力のこと専門家の学者さんたち本当に分かっとるんかなあ)

(アインシュタインの式って知ってる?)

(なんです、それ?)

(ほれ、e=mc2(cの2乗)というやつよ、つまり物質がエネルギーに変わるという)

(そんなん学校で教えてくれた覚えないわ)

(忘れただけや、eがエネルギー、mが物質の重量、cが光速という恐ろしい式なのよ)

・・・

 こういうややこしい話を深夜にするものではない。

結局、太陽光発電もいいけれど大元のエネルギーは太陽の中での(核反応)、地球が暖かくしていられるのも地球の中での(核反応)なのに違いない。

ということは地球に生きている生き物は(核)から逃げる訳にはいかないのではないだろうか。

地球の中のこと、陸地の奥深く、海の奥深く、の研究はまだ殆ど進んでいない。

(科学者といってもあまりエラそうなことは言えませんねぇ)

(原子力を初めて使ったのは広島・長崎の原爆でしたっけ)

(まだ60年ちょっとやねぇ)

(それも爆発はさせれてもコントロールはでけんのやねぇ)

(研究進んでへんなぁと科学者責めるのも酷かなあ)

(電気はいつごろでしたっけ)

(あれもせいぜい150年ほどとちゃいまっか)

(電気も原子力も人類の歴史と比べると短いもんなんやねぇ)

・・・・

 深夜の1時に文明論になってしまった。

ラガーマンには迷惑だったかもしれないけれど、おかげでコチラの心は少し落ち着いた。

東京での計画停電はこの数日行われないけれど、やがて暑くなると繰り返されるに違いない。

(電気って150年ほどのものなのねぇ)

と考えることで、少しは気が楽になる。

 ふうてんは昔からこういう夜中に電話をする悪癖がある。

北海道や京都や沖縄という(遠隔地)に長電話する友人がいる。

以前は固定電話で1時間ほど話すと1万円くらいNTTから請求された。

今でも携帯電話のドコモから1万5千円の請求が来たりする。

どうしたのだろう?と考えてみると沖縄の友人と深夜1時間ほど話したことを思い出す。

携帯電話はシッカリと距離を計算しているらしい。

 深夜の長電話。

できることなら、よした方がよろしい。

しかし、たった1万円で心の落ち着きを取り戻せるということもある。

心の落ち着き・・・高くつくのか安いものなのか。

(ふうてんアーカイブス)

2011 4月 国立の桜も開花した

その1Sakura_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2Sakura_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3Sakura_3  

Sakura_32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »