« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月に作成された記事

2010/04/26

2010・4・25 41年前にも東京に大雪が降った篇

コナラの新芽Konara

 今年の四月はまことに異常な気候だった。

先週だったか、東京に雪が積もった。

東京で4月に雪が積もるのは41年ぶりだとニュースは伝えていた。

2010-41=1969年・・・・。

待てよ、1969年の4月に東京で大雪・・・??。

 それでふうてんはすっかり思い出してしまったのであった。

1969年の四月に、京都から東京へ流れてきたふうてんは(第3市が尾寮)という、会社の寮に入所した。

この寮は、会社が借りたものだったらしかったけれど、何しろ4月1日の入所日前に見学に行くとまだブルドーザで整地したりしていたのには恐れ入った。

1945年の第2次世界大戦終了からまだ25年くらいのこの時代はそんなものだったのですね。

 その慌ただしいような東京に流れてきた4月、今でも覚えているけれど、大雪が降った。

市が尾という田園都市線(東急)の駅で降りて、寮までは坂道だった

その坂道を登り切ったところに寮はあった。

ある日、目覚めると外は真っ白の雪だった。

4月なのに・・・東京は妙なところだなあ・・・。

と眠い目をこすりながら坂道を下った。

その朝の真っ青な空と真っ白に雪の積もった下り坂の映像は刻みつけられている。

 あれはもう41年前なんだ・・・。

この寮で知り合った一人がJOさんだった。

この寮には50人~60人いたと思うけれど、何故か関西出身の男が多かった。

あれは会社の人事部門、厚生部門の配慮だったのではないかと思う。

関東と関西では文化が違う、言葉が違う。

だから関西人を集めてやれ・・・、と。

 大学を出たばかりの若いの、なんてのはまだ子供なのですね。

そういう会社の配慮にはまってしまって、なかなか愉快な時間を過ごすことができた。

入社式のときに(新卒が400名)という声を聴いたような記憶がある。

ということは会社はこういう(第3市が尾寮)みたいなのを10個近く用意しなければならなかったに違いない。

どこに誰を入れるのか。

関西出身は集めてしまえ・・・。

どうも(配慮)というほどのこともなかったのやもしれぬ。

 今年もその会社の(新人教育)にお付き合いをした。

去年800人だったのが今年は560人になったと聴いた。

減ったとはいえ560人である。

沼津の工場へ行くとその新人たちが真っ黒の上下に身を固めて待っていた。

3組に分けて、200人ほどだったけれど、若いことはいいなあと思う。

社長交代の妙なウワサの質問も出た。

(社長なんてのはどうせロクなもんじゃない、気にしなくていいよ)

(それよりも君たちがこれからどこまでやれるかで決まるんだ)

(今どき何兆円て商売やっている会社てめったにないよ)

(ええ会社にはいったんやから思い残すことのないように頑張りや)

 4月に大雪の降った年に入社して、60歳の定年までこのコンピュータ・メーカに勤めた。

定年退職して4年後の今もまだコンピュータやら情報処理やらを追っかけている。

 今日はドストエフスキーのことを書こうと思っていたのだけど、41年ぶりの雪の話を思い出してこんな話をしてしまった。

ドストエフスキーのことはまたいつか話してみたい。

(ふうてんアーカイブス)

2010 4月 隠宅のコナラ

コナラ 巨木になったKonara_1

| | コメント (4)

2010/04/19

2010・4・18 ウグイスが帰って来た篇

ハナミズキHanamizuki

 昨日の朝、シロにエサをやろうとするとウグイスの声が聴こえた。

一か月ほど前、かすかに聴こえたような気がしていた。

去年はウグイスが鳴かないので大学の森へも行ってみた。

やはり大学の森でも鳴き声は聴こえてこなかったのだった。

日本の気候の変化のせいなのだろうか、と思った。

 5年ほど前から隠宅の南、西、北に家がたて込んだ。

15軒ほどの小さな家が建った。

この地区は世代交代期を迎えているのだと思う。

(いやあ、オヤジの時代、100坪、200坪という単位で分譲されたようですよ)

なんて話をよく聴く。

その土地が今さらに(分譲)されて、30坪、40坪の家が作られている、という次第。

 家が建て混むと、木が減る。

ウグイスにとっては隠れるところがなくなる。

ウグイスというのは、ふうてんの知る限り、一番シャイな小鳥なのである。

まず人間さまに姿を現すということはしない。

ウグイスを見たことがある人はほとんどいないと思う。

鳴き声はよく聴こえてくるのに・・・。

 そのウグイスくんが今年は戻ってきてくれた。

家の回りを、朝も、昼も、夕方まで、豊かな艶のあるよく通る声で鳴く。

ウグイスの声というのは特別な声だと思う。

人間でこれに対抗出来るのは女のソプラノ歌手くらいだろうか。

そういうことを考えさせられる小鳥はウグイスしかいない。

 今日の日曜日は今年最高の日和だった。

昼前にチャリで近くを流した。

風がなく、晴れているようで、暖かい。

木々が芽を吹き始めている。

花たちも恐る恐る顔をのぞかせ始めた。

国立の最高の季節が始まったなあと思う。

 久しぶりに大学の森へさまよい込んで、のどが乾いたのでロージナ茶房でギネスの黒ビールを飲んだ。

珍しく、時間がゆったりと流れているなあ、と思える一日だった。

| | コメント (2)

2010/04/12

2010・4・11 夢は、きっと、かなう篇

なごり桜Nagori

 今年の桜狂想曲も終わった。

前回もその前も日記に書いたように、今年は天候に恵まれなかった。

それでも先週と今週、土曜日が穏やかな暖かい日であった。

 土曜日の午前中にパナソニックの重たいカメラを担いで近くを一回りした。

(なごり雪)ならぬ(なごり桜)でも撮ったろかい、という気分だった。

快晴ではなかったけれど、弱い日射しがあって、撮影には悪くない条件だった。

 近くの公園、さくら通り、図書館のある公園、市役所の公園、と定番の(桜めぐり)をする。

考えてみると回りにはやたらと公園があり樹齢70年くらいのソメイヨシノの大木がある。

たまたまなのだけれど、桜好きのふうてんの隠宅は桜の通り、桜の公園に囲まれている。

 桜は散り始めていた。

おもしろいもので、桜狂想曲も一週間前の満開のときは通りも公園も人であふれていたのに、散り始めたとなると見物の客はほとんどいなかった。

ふうてんのように第一楽章から終楽章まで桜を追っかける人は少ないのかなあと思う。

コチラは咲く前から、ツボミのころから、毎日確かめているのに・・・。

 帰ってビールを飲みながら見るともなくテレビを見ていた。

土曜日の午後というのは特段の番組はない。

チャンネルを回すうちNHKの教育テレビで(二胡)のレッスンをやっていた。

(二胡)というのは二つの弦の間に弓をはさんでひきずる不思議な楽器である。

 番組の最後のころ聴き慣れたメロディーが奏でられた。

オャッ?オャオャッ?となった。

NHKの(スポーツ大陸)という番組のテーマで、ふうてんの大好きな曲ではないか。

見ると、チェン・ミンという二胡奏者が弾いている。

え~っ、この曲は二胡で、彼女が弾いていたのか・・・。

 すぐに(NHKオンライン)で番組の再放送の予定を確かめる。

幸い日曜日の午後に再放送、とある。

それで今日、ビデオで録画して、その曲の部分をデジタイズして今パソコンのデスクトップでいつでも再生出来るようになっている。

(いいなあ)と日頃思っていた曲が、ひょんなことから作曲者、演奏者が分かることがある。

グーグルに聴くとこの曲は、

作曲 内池秀和 

演奏 チェン・ミン

とある。

 内池秀和という人はNHKの職員だった人で(ダーウィンが来た)という番組のテーマ曲も担当したという。

この曲もふうてんは気に入っていたのである。

チェン・ミンという人は二胡奏者で、蘇州生まれ、20年ほど前に来日し音楽活動をつづけている。

こちらはこれまで何度かテレビで見たことがあるお方である。

 スポーツ大陸のテーマであるこの曲の題名も分かった。

題名からして番組にピッタリなのに一驚した。

(夢は、きっと、かなう)

という。

(ふうてんアーカイブス)

2010 春 なごり桜

(どのビデオも長くてダウンロードに時間がかかります)

近くの公演でKoen  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なごり桜Nagori_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館でToshokan  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三人でSannin  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山桜Yamasakura  

| | コメント (2)

2010/04/05

2010・4・4 国立の桜狂想曲篇

大学通りの陸橋Sakura_2  

 国立の桜もこの土、日に満開となった。

2週間前の土曜日、桜通りでプチッと開花したのを確認していた。

それから2週間ほど、雨と風ばかりの日々がつづいた。

桜はすっかりいじけてしまって不機嫌だった。

 3、4日前に急に暖かくなって、桜は一気に満開となった。

一片咲いたなあ、段々よくなってきたなあ、もうすぐ満開やなあ。

そういう楽しみが全くない今年の桜だった。

フト見ると満開になっている。

そういう感覚だった。

 それでもこの土曜日と日曜日だけは天気に恵まれた。

土曜日は重たいパナソニックを抱えて(取材)した。

ズームを効かせて先のほうを写そうとするとフラフラとする。

手前の新芽などをクローズアップしようとするとすぐにボケる。

同じビデオ・カメラでも使い勝手がずいぶん違う。

おもしろいものだなあと思う。

 日曜日には繁寿司と書簡集へ寄った。

山口夫人は体調がずいぶん回復されてお元気そうだった。

この間、確認のためのレントゲン写真を撮ったとおっしゃる。

何だか冷たいようなところに寝かされて、右とか左とか言われて怖くなった。

起き上がるときに、

(先生,ちょっと抱えて起こしてくれませんか?)

と言ったら、

(すみません、昨日ギックリ腰やりまして)

と、起こしてくれなかったのよ、オバタリアンに抱きつかれたら困ると思ったのかしら・・・。

などと、笑わせてくれる。

 書簡集では上下真っ黒のスーツに身を固めた女の子がカレーを食べていた。

聴けば(郵政研修所)に通っているという。

国立には広大な面積の(郵政研修所)があり、宿舎も沢山ある。

就活で30社ほど試みてやっと郵政に入社することができたらしい。

(よかったねえ)

というしかない。

(朝昼晩、もっとも朝はやってないけど、書簡集に通いなさい)

とマスターと二人して励ました。

(ありがとうございます、国立という町を楽しみます)

と、真っ白な歯をほころばせて彼女は答えた。

 新学期が始まったらしい。

電車に乗ると、新入社員たちが真っ黒の上下でウロウロしている。

こういうことからも季節を感じることができる。

牡蠣や芹(セリ)が終わって、筍(タケノコ)やフキノトウが始まった。

年々歳々、季節の移り変わりを死ぬまで楽しんでいきたいと思う。

(ふうてんアーカイブス)

2010 4月 国立の桜狂想曲

桜まつり(さくらフェスティバル)のSLSl_1  

Sl_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学通りその1Daigaku_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2Daigaku_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3Daigaku_3  

 

| | コメント (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »