« 2009・11・1 若いっていいなあ篇 | トップページ | 2009・11・15 漱石的主題とは?篇 »

2009/11/08

2009・11・8 天下市のころ篇

ハナミズキの紅葉Aki

 先週(木枯らしの気配も)と書いたら翌日の月曜日に(木枯らし1号)が吹いた。

気温が20度を下回ると少しヒャッとするようだと気づく。
 

 今日は夕刻ロシナンテに一鞭くれようとした時、このところエンジンの機嫌が悪かったことを思い出した。

 何度かセル・モーターを回してエンジンを掛ける。

バックでガレージを出てハンドルを切って、さて行こうかとアクセルを踏む。

何だか反応が頼りない。

アクセルをちょっと弛めると回転が下がってエンジンが止まりそうになる。

・・・

ハハ~ン、1発か2発サボッてやがるな。

 それでもなだめすかして、桜通りへ出て、少しスピードを上げてしばらく走る。

エンジンはバランスが悪く、音も滑らかではなくボソボソと喚いている。

やがてエンジンが温まって来たのか、ちょっと加速力が増す。

パパ~ンというアフター・ファイアーの音がし、アクセルを踏み込むとグ~ッと加速する。

やっと四頭立て(四気筒)のロシナンテくんが気分よく走るようになる。

 そんなことを繰り返していた。

それを思い出したので今日はプラグをはずして確かめてみようと思った。

プラグをはずす工具はどこへいったっけ?

これ回すのどうしたっけ?、ああこうだったこうだった。

4個のプラグをはずして確かめた。

かなりカーボンが真っ黒くこびりついているけれど、どうしようもない。

でも、特に湿っているわけでもないのでそのまま元に戻した。

 さて、エンジンを掛けてみる。

ブルルル~ンと最初から勢いのいい音がした。

四頭立てが今日は最初から四頭とも走ってくれた。

 11月3日の文化の日は国立では(天下市)のハイライトを迎える。

大学通りの両側の歩道にいろんな店が並び、通りは(歩行者天国)となる。

午前9時半のブラスバンドのパレードから始まり終日いろんな演し物がある。

今年はいつもより多くの人々が集まり、演し物もやたらと賑やかだった。

 30年ほど前に引っ越してきたころの(天下市)は大学通りに近づくと必ず刈りとった夏草や剪定をした木々のすがすがしい香りがしたものだった。

通りのどん詰まりには三角屋根の国立駅があった。

 今年は、高架になった国立駅から天下市で賑わっている通りを写してみた。

高架になった駅の一階では工事が盛んに行われている。

通りでは(よさこい踊り)というのだろうか、どこかから妙な連中が来て、大きな旗をふって大音響で意味のない踊りに興じている。

通りのまわりには高いピルが林立して駅前のかっての面影はない。

30年前はこの辺は(桜より高い建物)は一つもなく、まことにのどかな田園都市だった。

  
ああ。

(ふうてんアーカイブス)

2009 秋 天下市のころ

ハナミズキHanamizuki  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅から見た大学通りEki_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再建計画もEki_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天下市の歩行者天国Tenkaichi_11  

Tenkaichi_12  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2Tenkaichi_2  

 

|

« 2009・11・1 若いっていいなあ篇 | トップページ | 2009・11・15 漱石的主題とは?篇 »

コメント

楕円さん

 去年、引っ越し祝いを兼ねた(牡蠣パーティ)のお話を伺ってもう一年たちますか。
確か楕円さんのお好きなのは(殻つき牡蠣)でしたなあ。

 檀一雄さんが(どうして日本では殻つき牡蠣の食習慣が定着しないのだろう?)とお嘆きだったことをよく思い出します。
殻はかさばりますから流通はやっかいですわねえ。
それと当方も一度デパ地下で買ってきて試みましたが殻をはずすの大変でした。
ドライバでこじ開けようとしてもダメ、金槌やらプライヤーやら持ち出してケガしそうになりました。
大汗かいて味わうどころではなかったです。
あれは特別な道具があるのでしょうかねえ。

 北新地の小振りなフランス料理店。
生意気盛りの高校生たちが集まって・・・町ッ子らしい思い出ですね。
フランス人はカキが好きだそうですが、あの地方は旨いカキがとれるのでしょうね。
河口付近の海が遠浅になっていて、潮の干満が大きく、カキが空気に触れたり海に沈んだり繰り返す様をテレビで報道していたことがありました。

投稿: ふうてん | 2009/11/09 08:48


 幾重にも想い出重ね牡蛎の殻

 生牡蛎には想い出も思いいれもある。
 初めて食べたのは、高校三年生のクリスマス。生意気盛りの仲間が16人いて、そのうちの料亭の息子が11月のちょうど今頃「今年のクリスマスは、ダークスーツにネクタイ占めてパーティーせぇへんか」と言い出した。
 前年のクリスマスは、大峰山の炭焼き小屋で山賊パーティーを行なった。焚き火で鶏をそれぞれ一匹、丸ごと焼きながら食べたのだが、食べているうちに口の周りが血だらけの全員の顔が焚き火の明かりに浮かび上がった。表面は焦げていても、中まで火が通っていなかったのだ。
 「あれはひどかったなぁ」と牛乳屋の息子。
 「な、そやろ。そやから今年はフランス料理でいかへんか。北新地に知ってる店があるから、貸切でいけると思う」と料理屋の息子たたみ掛けた。
 「北新地やったら、高いやろ。俺らのこずかいでできんのか」と、今度は中華料理屋の息子が疑問を呈す。
 「大丈夫や、ママ一人、ギャルソン一人でやってるこじんまりした店やから」
 どうやら料亭の息子は、根回しを済ませているようだった。
 そしてクリスマスイブの夜、オントレで出てきたのが生牡蛎。レモンを絞って食べた瞬間、世の中にこんなうまいものがあるのかと驚いた。
 以来、このシーズンは生牡蛎が友達。
 今年も11月21日(土)、午後5時から我が家で野球部の仲間と「生牡蛎でちょっと一杯もう一杯」といきます。
 ふうてんさんの都合がよければ、ぜひお越しください。

投稿: 楕円 | 2009/11/09 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009・11・1 若いっていいなあ篇 | トップページ | 2009・11・15 漱石的主題とは?篇 »