« 2009・11・22 ちかごろお江戸ではやるもの篇 | トップページ | 2009・12・6 おりょうさんの聞書き篇 »

2009/11/29

2009・11・29 坂の上の雲が始まった篇

城の上の雲-伊予松山城Shiro

 東京ではこのところ寒い日が続く。

(明日は今日より最高気温が7度低くなります)

と天気のアナウンス嬢が抑揚のない声で何ごともなかったようにのたまう。

一日で7度も変化すると老体にはこたえることを若いアナウンサー嬢は知るはずもない。

 11月もまもなく終わり師走が始まる。

師が走る季節だから、京都のMuせんせ~などはきっと走り回わってはるに違いない。

どうして年末になると師は走らねばならないのだろうか?

そこのところはよく分からない。

 昨日は大相撲11月場所の例会ということでトヨダさん、ラガーマンと楽しい飲み会をやった。

大相撲で白鵬が優勝しそうだ、なんてことは話題にならず、最近のキネマ旬報で邦画と洋画のベストテンが発表されたという話題から始まった。

このお二人はふうてん以上に映画好きではなかろうか?と思った。

(邦画で東京物語と七人の侍が1位、2位はいいとして、どうしてゴッドファーザーが洋画のベストワンなのだろうね)

なんて話から始まった。

 今日はお元気になった山口夫人と楽しい会話の時間を過ごせた。

繁さんはどうも最近(酸素カプセル)に凝っているようであった。

酸素の充満したカプセルに一時間ほどはいるらしい。

その効能のほどは今のところ疑問符がつくものであるらしかった。

 夫人が何枚かの写真を見せてくれる。

その10枚ほどの写真には一つのストーリーがあるので非常に面白かった。

今年の夏、銀座の丸善で山口瞳さんの絵画展があった。

この日記でも報告したように思う。

その絵画展で3枚の絵を買ってくれた御仁がいる。 

その人に関するストーリーだった。

 買ってもらった3枚の絵のうち、1枚だけはどうしてもどこで描いたものか分からなかった。

その絵を描いた瞳さん自身、これはどこで描いたか思い出せないとおっしゃっていたらしい。

その絵を買った御仁、あれこれ調べたのですねえ。

それでついに(隠岐島の田舎家)であることを突き止めたとか。

民家二軒を写生している右側の家の(小さな赤いポスト)

その一点に絞ってこの御仁は実際に隠岐島を訪ね、その場所の写真を撮ってきたのですな。

色あせた(赤いポスト)が現存していて写真に納まっています。

 帰ると(坂の上の雲)が始まっていた。

明治の、今の日本の始まりのような時代。

アレコレ詰め込み過ぎていたような印象はあったけれど、坂の上の雲の原作がそのようなものであった以上しようがないのではなかろうか。

このドラマでそのうち夏目漱石も出てくるに違いない。

秋山兄弟は日露戦争の主戦場で闘った。

鴎外は軍医として参加し、漱石は横目で眺めていた。

戦場で闘った人も、側で見ていた人も大いなる影響を受けたに違いない。

 (坂の上の雲)

この題名がよろしいなあ。

(ふうてんアーカイブス)

2009 晩秋 NHKで(坂の上の雲)が始まった

        国立の大学の森では紅葉も終わり迎えた

坂の上の雲・2003年Matsuyama  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学のもみじMomiji_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2Momiji_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3Momiji_3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモKamo_1  

Kamo_2  

 

|

« 2009・11・22 ちかごろお江戸ではやるもの篇 | トップページ | 2009・12・6 おりょうさんの聞書き篇 »

コメント

Muさん

 確かに今日日のせんせ~はノンビリでけんようですなあ。
やっぱり生徒さん相手のサービス業やからではないでしょうか。
漱石先生も生徒の試験の採点はホンマ嫌になる、なんでこんなことせんならんのや、とよく癇癪起こしていたようですね。
数年前の漱石展で(どうして君がこのクラスにいるのか不思議だ)と生徒さんの答案に英語でイヤミを書いてました。

 対してコチラの商売は気楽なもんでしたょ。
作りたいもの作って世の中に問う。
それっきり。
(そやし商売アカンかったんや)
言われます。

 松山にどうして子規やら秋山兄弟やら伊丹万作やら伊丹一三が育ったか。
それは当方にもよう分かりませぬねえ。
京都やら江戸やらという都からずいぶん遠いところです。
瀬戸内海という海に面していて古来その海の行き来は結構盛んだったのですね。
ですから日本の都の方ばかりに気をとられずに、どこか外国に気持ちが向かう、という面があったのかもしれません。

 その外国だって遠いわけで、結局、都からも外国からも直接の影響は受けない、しかし両方から情報はそこそこ伝わってくる、というニュートラルな感じはありますね。
ニュートラルな環境にいますと(誰かとの比較)というよりも(己自身を問う)という傾向はあるように思います。
あんまり他人との競争は好まないのですなあ。

投稿: ふうてん | 2009/12/01 20:47

ふうてんさん
 師走は、なんなのでしょうね。気持ちの上ではあれこれ年内に締め切っておくと新年になって気が楽という雰囲気はあります。結局、気楽になるのは3月末の一週間くらいになりました、昨今。
 故原田先生もぼやいておりました。2月ころからまるまる一ヶ月以上会議もなくなるから、その間、外国語やシステムに専念して、身につけることができたのに~とか。
 やはり、それ以前の牧歌的大学生活は無理なようです。

 さて。
 松山へ行ったことがないのです。なぜ正岡子規とか秋山兄弟が生まれたのか、興味はあります。ついでに、Townsはなぜ松山で生まれたのか(笑)。
 なにかしら、独特のものがあると想像しています。
 まだ、ふうてんさんをみていても、核心は分かりません。
 行って、市電にのれば理解が深まるかもしれません。

投稿: Mu | 2009/12/01 18:04

楕円さん

 昨日は出かけたい天気ではなかったですね。
土曜日の11月場所会談では映画、野球、文学などなどの話に花が咲き、少し過しすぎた気配が当方にもありましたなあ。

 本来の相撲の話が後付けになりましたが白鵬落ち着いてきましたね。
元千代の富士が解説で言ってましたが(勝機のことしか頭にない)のだそうであります。
他の力士は(こういう態勢になった、さてどうしよう?)だそうで。
白鵬の(機を見るに敏)という鮮やかな勝負の決め方にはやはりそれなりの理由があるようで・・・。

 缶ビール4本。
それくらいで止めておけばあとが楽でしょうね。

投稿: ふうてん | 2009/11/30 08:54


 楓燃え燃えつきるまで冬は待ち

 今日は一歩も外に出なかった。寒かったせいではない。体調不良である。
 というわけで「坂の上の雲」を観ながら、缶ビールを4本飲んだだけ。
 1時間半、楽しめた。次回の放送までには、体調を整えておきたい。

投稿: 楕円 | 2009/11/30 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009・11・22 ちかごろお江戸ではやるもの篇 | トップページ | 2009・12・6 おりょうさんの聞書き篇 »