« 2008・12・21 裾野は雪になった篇 | トップページ | 2009・1・4 恋はいつでも初舞台篇 »

2008/12/29

2008・12・28 今年はやっぱりオバマだろうか篇

大学通りのイルミネーションKurisumasu  

 このところ、やっと関東の(バカッ晴れ)の天気が続いている。

バカッ晴れというのは上品な言い方ではないけれど、この毎日つづく青空はそう表現したくなる。

これを関西風に(アホ空)と言ったら、もっと上品でなくなるかもしれない。

ともかく、毎日、馬鹿のように晴ればかりで関東は住みやすい、という感謝のネーミングだととらえて戴きたい。

(関東のバカッ晴れ)

12月と1月は、東京では天気予報は気温の為だけにある。

 今年は(変化)の年になるだろうと予想していた。

アメリカでも日本でも選挙がある年だったし、北京オリンピックがある年だった。

中で、日本の選挙だけはどこかへ行っちゃった。

その代わりに、予想していなかった世界の金融危機とそれに伴う大不況が表面化してしまった。

 派遣切り、期間労働者切り。

何だか嫌な言葉が毎日のように報道される。

人間様を、派遣するとか、首を切るとか、まことに失礼な言い方ではないかと思う。

期間限定の労働?

やめて欲しいなあそういう言い方は。

 農業の世界では(農繁期)(農閑期)という言い方がある。

ふうてんは農家の出身なのでそのことを子供のころから体験してきた。

例えば田植えの季節。

一家だけでは人出が足りない。

そこで、知り合いやら親戚やら、村の人やらを呼んで、みんなで一斉に稲を植える。

よ~いしょッ、てな調子で、線を引く訳ではないけれど、並んで一株づつ稲を田んぼに植えつけていく。

一株植えつけて、一歩下がって、また次の一株を植える。

 ミカンの収穫期にも、またみんなにお願いして集まってもらう。

ミカンは手だけでもぎ取る訳にはいかなくて、ミカン・バサミみたいなもので、枝を切って収穫する。

バイトという言葉は当時なかったけれど、若い人たちを集めて一斉に収穫していた。

 こういう景気のよろしい風景・・・それは(農繁期)の話。

晩飯の時間になると、手伝ってくれたオジさんに、一杯の酒をふるまう。

その一杯を、実にうまそうに飲むオジさんがいた。

もう、どこのどなたさんだったのか・・・思い出せないけれど。

 ひるがえって、じゃあ農家の人たちは(農閑期)はどう過ごしているのだろう?

例えば、稲刈りが終わって、麦をまいて、冬が来る。

ふうてんが子供のころは伊予でもよく雪が降った。

ずっと我が家にいて手伝ってくれていた(男士さん?)は、縄を縒(よ)ったり、竹でカゴを作ったりしていた。

それをジッと見るのはまことに楽しいものだった。

 縄はイネで作るのだけれど、縒るためには柔らかくしないといけない。

そこで、稲をちょっと水に湿して、トントントンと木の小槌のようなもので叩く。

そうして手にツバをペッと吐いて、縒りはじめる。

竹籠は、まず竹を切りに近くの山へ行く。

ノコギリで適当な長さに切った竹を、鉈みたいな刃物で、コキンと割る。

竹はまことに素直な植物で、パコンとたやすく割れてくれる。

それを何度か繰り返して細い竹の棒にし、皮を剥く。

薄く削って、しなやかになるように手でしごいて、やがて工作にかかる。

 農繁期、農閑期で過ごし方はまったく変わる。

だから(派遣社員)とか(期間労働者)というのは、そういう生産のサイクルの中で、自分はどういう役割なのか考えないといけない。

それを雇う方もそのことをわきまえて、農繁期のときは一杯の酒を振る舞い、また来年来て手伝って下さいね、と言わねばならない。

切るとかどうだとかいう話ではないと思う。

 農業だけではなく、工場だって(農繁期)と(農閑期)があるのではないだろうか?

急に注文が増えて(今日中に1000台作って)と言われるときもある。

サッパリ注文が来なくて工場の人に(屋根にペンペン草が生えてますわ)と言われることもある。

ふうてんなどがやっていたパソコンというヤクザな商売ではそんなことの連続だった。

明日、何台売れるか?そんなこと分かりゃあしないじぁありませんか

消費者、いえユーザーさんは、何しろ気まぐれでいらっしゃるのだから。

 アメリカでオバマが大統領になった、というのは今年の最大のニュースだとふうてんは思う。

閣僚が発表されて22人のうち11人くらいがホワイトではない。

WASPという言葉が過去の物になったような印象がある。

ミセス・クリントンとかミスター某の、かっての敵も内閣に取り込んでいる。

 この男は(農繁期)だからといって急に人を集め、(農閑期)になってすぐにクビにする。

そういう単細胞的運営をしないのではなかろうか?

シロとかクロとかデジタルに決めつける人間ではないような気がする。

(みんなで一緒に、いい世界にしましょうよ)

それが彼のメッセージのように感じる。

 47歳。

ケネディの43歳ほど若くはないけれど。

日本にもそのうち明治維新の時のような20歳代、30歳代の若者が政治の世界で活躍する時代が来るのだろうか?

我々還暦世代は、日本がそうなるように支えるのが役割のような気がする。

若者たちが二大政党で交代を繰り返す。

そういう民主主義の国に日本がなったことを見届けてから・・・。

(ふうてんアーカイブス)

2008 冬至のころ 国立のイルミネーション

合わせて8本ほどのイルミネーション

発光ダイオード 白と青Illumi_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発光ダイオード オレンジIllumi_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電球その1Illumi_31  

Illumi_32  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電球その2Illumi_41  

Illumi_42  

|

« 2008・12・21 裾野は雪になった篇 | トップページ | 2009・1・4 恋はいつでも初舞台篇 »

コメント

ほかもさん

 ありがとうございます。
何とかもおだてりゃ木に登ると申します。
一人でもファンがいるということは有り難いもので勇気づけられます。

 ブロッグ連歌師たちに背中を押されて始めました。
文は人なり、といいますが嫌でも自分が出てしまいます。
神楽坂山田塾の山田御大はカクシャクとした75歳であらせられますが、ふうてんさん、もう恥ずかしいことは何もない歳なんだから、若い人に嫌われても、おかしいと思ったことはおかしいと言った方がいいですよ、とおっしゃいます。

 当方などは(内気)な方ですので、なかなか電車の中で失礼なふるまいの輩を叱りつけたりすることは出来ません。
それでも、もう還暦も過ぎたことですし、少しは今の社会の有様に関し、コチラにも責任があると感じています。
当方なりのスタイルで少しでも良くなるように言動していきたいものだと念じております。

 ほかもぼうの2008年はブロッグをやめたくなるくらい忙しい年だったようですね。
人間、忙しいうちが華と申します。
野郎だって、こんな言い方があるんですよ。
(男芸者は今日も行く、人間、呼ばれるうちが花)
とね。

 来年もよろしゅうに。

投稿: ふうてん | 2008/12/31 22:40

今年もあと残りわずかですが・・

思うようにコメントできませんでしたが、『ふうてん老人日記』は欠かさず、隅から隅まで読んでいました。
この日記を読むと、時代の流れを大きくつかむことができます。
国のあり方、人のあり方、考えさせられることが、とても多かったです。

来年も楽しみにしていますので、国立の書斎から、時代を日本をそして未来を眺めて、私たちに示唆を与えてください。

どうぞよいお年をお迎えください。

投稿: ほかも | 2008/12/31 22:14

Muさん

 21世紀が始まったばかりのころニューヨークでビルのテロがありました。
2000年の、世紀が変わるとき、テレビなどでいろんな特集がありました。
(文明の衝突)だとか(地球の環境危機)だとか(水不足)だとか。
あのビルに飛行機が突っ込んでいくシーンの映像はすごかったですね。

 我々の世代が生れる前の20世紀半ばまで、人間は戦争に明け暮れてきました。
国土を争い、食料を争い、資源を争い、解決手段として(武力)に訴えました。
(戦争)のために最先端の文明が進みました。
進んだ文明を使って、人間は消費に明け暮れました。
・・・・
しかし、文明が豊かに生きるための道具だとすると、ちょっと行き過ぎたように思います。
文明とは諸刃の刃であって、破壊にも使われる、どうもいいものばかりだといい切れない、ということをニューヨークのテロは示して見せたような気がします。

 ヨーロッパで食い詰めた人間が(豊かさ)を求めてアメリカに渡り、原住民を400万人以上も殺して築いたのが今のアメリカ帝国です。
自動車、飛行機、テレビ、コンピュータなどの文明のリーダになり金融にもあやしい道具を編み出して稼ぎまくりました。

 他の国はアメリカよりも歴史があります。
長~い、人々の生活の歴史があります。
アメリカ流を(グローバル・スタンダード)にしてもらったら困るのです。
アメリカは大農業国ですが、広大な農地で稼ごうと遺伝子組み替えだった何だってやります。
アメリカのレイチェル・カーソンの(沈黙の春)という本が今の環境問題の議論のきっかけになった、というのは象徴的です。
 日本のように、里山があるから松茸が旨い、とか職人がいるから神社仏閣が無数にある、とか江戸前の魚がいるから握りずしが旨い、とか、そういうのはアメリカにはございません。

 どういう政治システム、経済システム、教育システムを日本は作っていけばよいのか良く分かりません。
ただ、古~い歴史のある国ですから、この南北に長く、海に囲まれた国土を出来るだけ活用するシステムを新たに作り上げる事が必要だということだけは確かでしょうね。
極東の小さな島国。
20世紀までは物質も情報も世界からなかなか届かない孤立した島でした。
しかし今はそういうことは言い訳にならない時代になりました。
むしろ、自然の豊かさ、孤立しているメリット、そういうことに目をつけて、あんまり欲張らずに、大国なんか目指さずに、小さな、平和な、奥ゆかしい国になって欲しいなあ、思います。

投稿: ふうてん | 2008/12/30 20:41

よいお話でした、農繁期、農閑期。
 職人さんたちも、以前は、たとえば調理人ですと包丁一本サラシに巻いてぇ~。いろいろな自由契約の職人さんがいて、「助(すけ)」というか、業界によって用語は異なるでしょうが、特定棟梁に付かずに、世間を歩いていたようですね。たとえば、どこかの店が、立ち上がるまで腕のよい助が高額で招かれたとか。なにかしら、外から見えないシステムがあったんだと思います。スポット契約に似ていて、浮き草だけど「腕」という資本があって、生きて行けたんでしょう。ほうほう、大利根無情の世界だと、用心棒とか、一宿一飯の義理で喧嘩出入りの助をするとかぁ~。

 そう言えば、江戸時代の大工の棟梁は、いろいろ多種の職人さんの日程を合わせて、それを集めて束ねて仕事を進める大仕事だったようですね。現代の工務店にもそういう傾向はあるでしょうが、見ている限り若いもんたちを抱え込んでいるようです。

 何事も昔がよいとは思いませんが。昔に根付いていたシステムを、近代以降、特に現代は、グローバなんとかと言って世界一斉に同じような心の無い、スカスカのやりようを広めようと、あるいはそれでうまく行くと思ったのが、そうは問屋が卸さない現状なんでしょう。

 農閑期、農繁期。
 小学校の時代は、これで夏休みや冬休みが、嵯峨小学校では都会とは異なっていた気がします。

 Muも給与生活の恩恵を長年うけてきましたが、それ以外の生き方をまるっきり棄てたのが、現代都市生活経済システムなんでしょうかね。
 派遣切りとか期間限定雇用解除に遭遇した人達は、給与システムを外れると、どこにも迎え入れてくれる故郷も田んぼもないわけです。

 どうすればよいのか、Muにも分かりません。
 かといって、好況を待つという気持もありません。異常な好況は結局不況の裏返し。人生100まで人々が生きる時代には、好況不況とは別の視点を、経済システムというよりも、生きるシステムに組み込まないと、のたれ死にするのでしょうね。

投稿: Mu | 2008/12/30 18:05

楕円さん

 中村くんが青色ダイオードの量産に成功してからイルミネーションが冷たくなりましたね。
中村くんは愛媛県の出身で、徳島の会社で青色ダイオードの開発をしました。
ダイオードで全ての色を表現できるようになったのはいいのですが、白やら青やらの冷たいイルミネーションが冬場にはやるのは、まことに迷惑な話ですね。

 寒色とか暖色とか知らない連中が青色ダイオードを使います。
ついでですが、中村くんはノーベル賞に一番近い男と言われていました。
いい男なのですが、会社とケンカしたのはまずかったですね。
給料もらって会社の金で研究開発したものに、自分の権利主張しちゃあいけません。
著作権、特許権は会社にあるはずです。
しかしその中村くんを取締役として遇しなかった徳島の会社もアホや思います。
中村くん、嫌になって、カリフォ~ニャ行っちゃった。

 クラゲのとっつぁんもアメリカいかはった。
イチローもシアトルいっちゃった。
デキル人は日本にいなくなるのでしょうか。

 我らが国立の町内会の面々、2本だけは電球の暖かい、キラキラと輝くイルミネーションを残しています。
あれがなくなることはないでしょう。
あの2本がダイオードに変わったら見に来る人に怒られます。
シーズン・オフ、保管のための倉庫なんか必要で大変だそうですが。

投稿: ふうてん | 2008/12/29 04:14


 門松の竹怖いほど切りそろい

 年末恒例、大学通りのイルミネーションが発光ダイオードになって久しい。以来、温もりが消えたような気がする。これは、スーパーなどお店の店頭に飾られる門松の竹も同様だ。
 かつて門松の竹は、先が丸く整えられていた。ところがいつのころからか、竹の先は切りっぱなしのまま。それが発光ダイオードの冷たい光りに照らされていると、ますます寒さが増す。
 あれもこれも気に触るのは、不況の風吹き渡る年末のせいかも知れない。世知辛い歳の瀬ですが、よいお年を。

投稿: 楕円 | 2008/12/29 03:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93753/43560490

この記事へのトラックバック一覧です: 2008・12・28 今年はやっぱりオバマだろうか篇:

« 2008・12・21 裾野は雪になった篇 | トップページ | 2009・1・4 恋はいつでも初舞台篇 »