« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

2007/11/26

2007・11・25 読書の秋?篇

コナラも黄色くなったAki  

 夕刻チャリで繁寿司へ向かうとき、女房が(秋がなくてもう冬みたい)と言った。

四季がなくなって三季となった、とこの日記で何度も書きつけたように思う。

いやむしろ三季というより二季といった方がいいかもしれない。

(暑い季節)

(寒い季節)

ピリオド。

 何だか日本も味気ない国になったなあと思う。

ミシュランの三つ星レストランが東京に8店ほど出来たらしい。

いくらシェフたちが腕によりをかけても、肝心の日本の四季がケジメのないものになってきたら旬を重んじる日本食はどうなるのだろうか?

 10月ころからようやく空気が冷えてきて頭が少し働くようになった。

漱石の(傑作講演集)はまことに面白かった。

職業と道楽、とか開化とは何か?とか私の個人主義、とかかなり本質的なことについて彼が肉声で語ったところにこの本の値打ちはある。

 もう61歳、まもなく62歳という年齢になって漱石先生の40歳代の講演を聴いても、もはや手遅れ、後の祭りには違いない。

そうではあるけれども、やっぱり人間、あんまり他人に影響されず自分で考えにゃいけませんぜ、という漱石先生のお言葉、改めて心にしみた。

 漱石先生の次に谷崎のおっちゃんの本を読みたくなった。

(卍)という薄い文庫本が目についた。

谷崎が大正震災で関西に移ったあとの昭和3~4年の作品である。

(蓼喰う虫)もそのころの作品で、ふうてんはこの(卍)を含め、あと(猫と庄造と二人の女)に同質の魅力を感じる。

 東京に生まれ育った人間が大阪、京都など関西へ行ったとき、まず話し言葉の違いにショックを受けるに違いない。

漱石だって松山で(それバッタと違うイナゴぞなもし)と(なもし)という語感を坊ちゃんに書いている。

谷崎潤一郎のバヤイはやはりご婦人なのですね。

 大阪女の声はギターの音色で江戸女の声は三味線だとおっしゃる。

ツンツン、キンキンしたお座敷の三味線よりも、太棹のようなギターのような音色の大阪の女の声がはるかに魅力的だ、とおっしゃる。

 それで谷崎のおっちゃん、全編大阪弁の小説を試みるのですね。

小説の会話を方言でやるのはかなり勇気が要ると思う。

方言が分からない人には理解できない。

(標準語)というのは全国で理解される。

方言で押し通すには(読まれなくてもいい)という勇気が要る。

 そして谷崎先生の努力にも関わらず、何となくけったいな大阪弁なのですね。

けったいなのだけど、東京弁、標準語の会話にはない雰囲気はかもし出されるのですね。

 (卍)という小説は全編手紙の形になっている。

手紙であり会話であり、という作りはその後の谷崎作品に続くスタイルであり、この時期さまざまな実験をしていたように思う。

その実験は最後の(瘋癲老人日記)まで続くことになる。

(ふうてんアーカイブス)

2007 国立の晩秋

かぐやもいるのかなあ

Kaguya_3

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根裏の天窓から

Kaguya_1

Kaguya_2  

 

 

 

 

 

 

 

ハナミズキHanamizuki  

 

 

 

 

 

 

 

コナラKonara

 

 

 

 

 

 

 

 

大学Daigaku

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/18

2007・11・18 かぐや姫の恩返し?篇

コナラのドングリKonara_11  

 寒くなった。

木々は、遅ればせながら、と大急ぎで紅葉しようとしている。

今朝テレビで京都清水寺の舞台を写していた。

赤くなっているのはほんのわずかで殆ど紅葉していないようだった。

モミジを売りにしている観光地では催し物を延期したりして大変らしい。

 このところ嫌なニュースばかりが続く。

JoBlogでJOさんが(日本の官僚機構も戦後60年が経過してしまった)と書かれている。

この一行に戦後日本の政治、行政のあり方が象徴されているように思う。

60年間、外国と戦争することもなく、内戦やクーデターがあった訳でもない。

政権交代がないから官僚たちはクビになる心配もなかった。

外国と戦争もない時代に、外務省とか防衛省の連中は暇を持て余しているに違いない。

 暇なはずの省庁なのに予算や人員を減らしたという話はトンと聴かない。

予算の使い方も(国家機密)とか(軍事機密)なので誰にも分からない仕組みになっている。

(小人閑居して不善をなす)
やっぱりねえ。

 そんな中で(かぐや)のニュースにはホッとする思いがした。

ゴツゴツの灰色の月の地平線の向こうに太陽に照らされた美しい地球が登っていく。

ハイビジョン・テレビが見られなくなって、普通のテレビで見たせいか、ハイビジョン撮影のわりにはシャープさがいま一つの印象はあった。

しかし、そんなことはマイナーな話であって、日本のロケットで打ち上げた(かぐや)が月のまわりを周回しつつ、NHKの開発したハイビジョン・カメラが(地球の出)を世界に伝えたということが愉快だった。

 大昔、竹取の翁に勧められた結婚話を無理難題出して断り、かぐや姫は月へ帰って行った。

今回はかぐや姫の、その翁への恩返しだったのだろうか。

(ふうてんアーカイブス)

 

2007 晩秋 ドングリ、ドングリ、ドングリ

 

どんぐりころころ 

15  

 

 

 

 

 

 

どんぶりこ

Hototogisu

13  

 

 

 

 

 

 

お池にはまってさあたいへん

16  

Ike_donguri  

 

 

 

 

 

 

 

雨が降る、あなたは来ない?? 

Ame_yane  

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/11/11

2007・11・11 降り込められて篇

シロとドングリShiro_3  

 この土曜、日曜は雨に降り込められた。

雨の休日も悪くない、とこのごろ思うようになった。

カラッと晴れて太陽が差し込み、木々が光っていたりすると、出かけなくっちゃ、と急かされるような気分になる。

 本当は(もっと光を)という年代になったので晴れの方がよろしい。

しかし晴ればかりとは限らないので雨の日の楽しみ方、あきらめ方というのも工夫するようになるのですね。

(嫁さん、今日は一日雨らしい、こもるしかないなあ)

と、土曜日の朝、エビスの小瓶を持って部屋に引き揚げた。

さて、こもるのはいいのだけど何をしようか。

プロ野球も終わってしまった。

我が阪神は思いがけず8月に首位となった。

それで十分や。

何とかシリーズとかいう変形プレーオフなんておまけや。

 大リーグも同じ週に終わってしまった。

松坂、お前はほんま悪運の強いやっちゃなあ。

今年は太ッちょになったんちゃうか?

けどワールドシリーズの最後の試合で投げるン見て(頑張れよ~)と応援しとった。

日本人なんやなあ。

レッドソックスの赤が日の丸の赤に見えてしもた。

 日曜日は午後晴れる、という天気予報だった。

晴れて道路が乾いたらロシナンテに一鞭くれようと思っていた。

ビールを飲んでも、中華丼を喰っても、昼寝をしても雨はやまなかった。

夕刻チャリで繁寿司へ出向いた。

帰る頃にはカミナリまで光って鳴った。

せめてもの救いは我が大相撲の11月場所が始まったことだろうか。

 こんな週もある。

たまには降り込められてジッとしているのも悪くない。

(ふうてんアーカイブス)

2007 晩秋 隠宅に降り込められて

雨の日のロシナンテ

エンブレムを針金でRoshinante_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの足跡?2_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

足跡はロシナンテの運転席へ3_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

ダットサン4_2  

 

 

 

 

 

 

 

写しているとシロがきたRoshinante_2  

 

 

 

 

 

 

 

Shiro_2_2 Shiro_3_2

Shiro_4  

 

 

 

 

 

 

 

写されるのは苦手らしい

Shiro_1  

 

 

 

ほかもさんのコメントに応えて

コナラはドングリから芽が出ます。一本は添え木をして育ててみました。
しかし方丈の庭で大木2本はとても無理。庭師は泣く泣く切ったそうです。
 
ドングリから芽を出したコナラの遺影2枚(2006年8月撮影)Konara_1          
Konara_2  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/05

2007・11・4 天下市のころ篇

大学通りは歩行者天国Tenkaichi  

 今はもう秋 誰もいない海 ララ~ララ、ララララ~・・・。

という歌をフッと思い出した。

グーグルに聴くと、1968年にトワエモアの歌でヒットしたとある。

確かに大学時代に聴いた歌だったような気がする。

 もう国立では秋の風物詩、歳時記の天下市が行われた。

大学のキャンパスで学園祭が行われ、大学通りで様々な市がたつ。

香具師たちのあらゆる店が出る。

日曜日には大学通りが歩行者天国になり道一杯に人が溢れ大道芸が行われる。

 昔、英会話の先生だったミス・ウォーマンと次のような会話を交わしたことを秋になるたびに思い出す。

(Spring and autumn,which do you like?)

とミス・ウォーマンが聴いた。

(Which do you prefer?)

と聞き返した。

(I like autumn.)

とミス・ウォーマンは答えた。

(I like spring,I almost hate autumn.)

(Why you hate autumn,Mr.Tamai,it’s beautiful in autumn and air is clean.)

(Because,it’s too sad.) 

 もう英語は何年も使ってないのでつづりは間違っているかも知れない。

けれどこんな会話をしたことはハッキリと覚えている。

もう25年くらい前になるだろうか。

ミス・ウォーマンは7歳年下の愉快なユダヤ人だった。

 今日、昼間天気が良くなったので天下市を冷やかし、しばらく賑わいの中に身を置いて帰途についたとき、やはり秋は悲しい季節だなあと思った。

漱石の講演集

 2週間ほど前、本屋さんで暇をつぶしているとランダムハウスの文庫本が目に入った。

(漱石 傑作講演集)という文庫本だった。

これまで漱石の講演を意識して読んだことはなかったので、どれどれと買った。

 これがまことに面白い。

8回の講演がおさめられているのだけど特に1911年(明治44年)の関西での4篇が面白い。

道楽と職業  (1911年8月13日 於:明石)

現代日本の開化(1911年8月15日 於:和歌山)

中身と形式  (1911年8月17日 於:堺)

文芸と道徳  (1911年8月18日 於:大阪)

の4篇である。

 漱石が大の落語ファンだったことは聴いていた。

これらの講演にはその経験がモロに活かされていると思う。

まくらがあり本編がありさげ(落ち)がある。

聴衆を楽しませようというサービス精神に溢れている。

大真面目なおかしさがある。

 100年近く前の話なのだけど、明治維新後44年の当時の漱石の問題意識は、今の日本の状況にもそのまんま当てはまるようでニヤリとしたり苦笑したり冷や汗をかいたりさせられる。

科学と哲学と芸術は道楽だと漱石先生はおっしゃる。

そういうのは職業じゃないから誰かの庇護の元にやらないと生きていかれないと断じている。

なるほど、エンジニアリングも科学の一端だから喰っていけないはずだわと思い知らされる。

 漱石は組織や権威を極端に嫌い、個人とは何か?を追求した人だけど、今の日本の役人たちの体たらくを予言しているようでもある。

現代日本の開化、という章にそれがクッキリと語られている。

どこの国でも開化というのは歴史的に行われてきたのだけど、日本のそれは内在的理由でなかったところが問題だとおっしゃる。

100年後の今もグローバルスタンダードとかいう言葉で日本人はあたふたしている。

その滑稽さを漱石先生、落語調で江戸弁で語るのだから面白くないハズがない。

 この本を読んだよ、と書簡集マスターに話した。

漱石は江戸、東京の出身である。

池波正太郎さんも。

山口瞳さんも。

何だか似ていますねえ、という話になった。

森鴎外や太宰治とはどこかが違う。

 結局、江戸、東京の人は肩の力が抜けているなあ、で落ち着いた。

田舎出の人は、藤沢周平などもそうだけど、どうしても肩に力がはいっちゃう。

ふうてんなども四国の片田舎で育ったからよく分かる。

ほんネキで生まれ育った大江健三郎さんなど肩に力がはいりっぱなしじゃございませんか。

どちらがいい悪いの話ではないのだけど、田舎育ちのコチラには都会育ち、都それも京都のような権威も何もない田舎の都、東京で生まれ育った人の洒脱さ、シャイさ、距離の置きかた、が楽でいいのだろうか。

・・・

 どうも漱石の話になる長過ぎるので今日はここいらへんで。

(ふうてんアーカイブス)

2007 秋 国立の天下市

大学通りの秋Tori_1_2  

Tori_2 

 

 

 

 

 

 

 

人人人Hito_1 

 

 

 

 

 

 

 

人人人2 

Hito_2

 

 

 

 

 

 

 

囃しHayashi_1

Hayashi_2  

 

 

 

 

 

 

 

天神太鼓Taiko_1

Taiko_2  

 

 

 

 

 

 

綿菓子Watagashi 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »