« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月に作成された記事

2006/02/27

2006.02.26 チャンプルーな街、下北沢篇

春はもうすぐ?hiyodori  

 

 この2、3日は日本中が(静香の舞)に陶然となったようだった。

技術に支えられた強さと女性らしい優雅さを兼ね備え、滑らかな表現が出来る、という意味で、ふうてんはビールマン・スピンのスイスのビールマンに似ているなと思った。

Googleに聴くと彼女デニス・ビールマンは1962年生れというから44歳となる。

活躍していたのはもう20年以上も前になるのだろうか。

 いずれにせよ(静香の舞)は、

Asian Cool Beautyの魅力を世界に知らしめたようだった。

 この間、所用で下北沢へ行った。

春のような陽気に誘われて早い目に家を出た。

駅へ向かうとき、銀星タクシーの運転手さんとこんな会話になった。

(どうも雲行きが怪しいですねえ、降りますかねえ)

(天気予報では・・・ひょっとしたら雨かも、とか)

(傘持ってきた方がいいかなあ・・・ここは一つ芝居みたいに春雨じゃ、濡れていこうと言っておきますかねえ運転手さん)

(はあ、月形半平太でしたか)

(芝居の世界ではうまいこと言いますねえ)

・・・・・

(ところで芝居で思い出したけど文楽て見たことあります?)

(いいえ私は見たことないですが馴染みのお客さんで文楽の太夫だかなんかやっている人がいますよ)

(エッ?文楽の人が?国立に?)

(太夫だか三味線だかよく知りませんが、今日は公演で~へ行くとかおっしゃいますよ)

(名前分かります?)

(エ~ッと何とかさんという方で、~学園の近くにお住まいです)

(そうですか驚きましたねえ・・・)

 やはり人とは話してみるものである。

まさか国立の近場に文楽のお人がおられるとはち~とも知らなかった。

下北沢という街

 下北沢は小田急線と井の頭線が交差する町である。

小田急線で新宿から数分、井の頭線で渋谷から10分、吉祥寺から15分ほど。

若者が多い街から近いことと、もう一つ大きなのは町へ主要な道路が入り込んでいないことがある。

 電車の便はいいのだけど車の便は悪い。

そのことからオフィス街にもビジネス街にもならず住宅と小さな商店が集中する町になったような気がする。

 駅の南側にも北側にも細い道しかなく、ロータリーなんてのは勿論ない。

人は駅を降りてただ緩やかに歩いていくしかないのである。

細い道を歩いていくといろんな路地があり、曲がりくねっているので東西南北は全く分からなくなる。

 どの店も気楽な店ばかりで余りコチラの懐具合を気にしなくていい。

雑居ビルという風な威圧的な建物もあまりない。

せいぜい、2階、高くて3階くらいの建物ばかりで、町全体がゆるやかな起伏のある地形にあるので閉塞感がない。

昔この町にいとこが住んでいた

 今回早めに着いたので久しぶりに昔通ったいとこの下宿があった場所を訪ねてみた。

駅の南側の商店街をずっと下って行って駅から歩いて10分ほどの住宅地。

(確かあの交差点の先を左へ行って、小川の傍を歩いて南側に木々に囲まれた・・・)

と35年ぶりくらいにその地区へ足を踏みいれた。

 小川がない。

木々に包まれた屋敷も見当たらない。

う~ん困ったなあ、とその周辺をウロウロしてみた。

小川は暗渠になり屋敷は造成し直されて新しい住宅になっている風だった。

 35年か、と駅の方へ引っ返した。

このいとこはふうてんの4歳下で、コチラが5年も大学に行ったので、ふうてんが東京へ来たときにはもう大学にはいっていて下北沢に下宿していたのであった。

ジャズと本がともかく好きな男で、愛媛・北条の親元から仕送りが届くと、それを全部持って、古レコード屋、古本屋をへ巡り歩いていた。

全財産持ち歩くのは、いざという時に必要だから、と本人は言っていた。

 彼が買い集めた数千枚以上の(アナログ・レコード)は今どうなっているのだろうか。

チャンプルーな街

 駅へ向かいつつ左右の店の変遷ぶりを見た。

飲食店、衣料品店、雑貨店が主である。

いよいよ前にもまして(チャンプルー)になっている。

ゴチャマゼ、無国籍。

 このチャンプルーさを加速させたのは(本多劇場)という芝居小屋が出来てからだったとおもう。

1982年に開場したこの劇場が出来たことによって、いろんな演劇関係のピープルが出入りするようになった。

ちょうど日本はバブル景気の真っ盛りのころで、若い女性を中心に演劇ブームがこの頃より起こったような記憶がある。

 本多劇場が出来たあと、小さな芝居をやる場所が下北沢に沢山出来たような気配もある。

演劇というのは主催者側も見る側もいろんなピープルが参加するイベントである。

そういう沢山の人々の(様々なる要求)に街は答えねばならない。

そんなことから、衣料、食料はもとより道具屋とか飲み屋とかスタジオとかがおとなしい住宅街とは違う形でズラズラと並ぶことになった。

 今回昼間歩いてみて、あらためて、こりゃあチャンプルーやは、と驚いた。

ハーレー・ダビッドソン 3人組

 歩くうちドスドスドスというエンジンの音が聴こえてきた。

見るとハーレー・ダビッドソンのようなオートバイのところに革ジャンとジーンズのお兄さんが立っている。

うん?マフラーが一本のハーレー?そういうのもあるのかなあ。

と近づいて行った。

 紛れもないハーレーだった。

いい音なので(撮らせて貰っていいですか?)

とコートのポケットからソニーのデジタル・ビデオ・カメラを取り出した。

やがて一人ではないことが分かった。

 ちょうどこれから出かけようといういいタイミングだった。

3人はそれぞれにヘルメットを付け、手袋をし、エンジンを掛けて、出かけて行った。

若者という年齢ではなかったかもしれないけれど老人たちでもなかった。

アーカイブスに報告するけど3台の機種選択といい、3人の雰囲気といい、コチラへの対応といい、なかなか趣味のいい3人だった。

 再び会うことはないだろうけど、また会いたいなあと思わせられる連中だった。

連中の去っていく姿をカメラに納めて、用談の場所へ向かった。

(ふうてんアーカイブス)

2006 2月 下北沢 3台のハーレー・ダビッドソン

3台が準備をして

やがて出て行った

3人と3台33  

 

 

 

 

 

 

 

1台目1  

 

 

 

 

 

 

 

2台目2  

 

 

 

 

 

 

 

3台目3  

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ行こかsoon  

 

 

 

 

 

 

 

バック・ギアがないback  

 

 

 

 

 

 

 

出発-準備完了start1  

 

 

 

 

 

 

 

出発-それじゃまたstart2  

 

 

 

 

 

 

 

出発-3人そろってstart3  

 

 

 

 

 

 

 

出発-信号待ちstart4  

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/02/19

2006・02・19 二月文楽公演篇

文楽には和服がよく似合うwafuku  

 今年も竹本住大夫を聴きに、国立劇場、小劇場の二月文楽公演へ行った。

雨模様の天気で5時からの(天網島時雨炬燵)が始まる頃はもう暗くなりかけていた。

 原作は近松門左衛門の(心中天の網島)である。

Googleに聴くと、1720年、近松68歳のときのこの作品は、曽根崎心中と同じように当時の心中事件にヒントを得て書いたらしい。

Googleは以下のことを教えてくれる。

 ヒットした改作物=原作はあまり人気が出ず、その後もほとんど上演されず。その代わりに改作物が作られて、世間の注目を浴び、繰り返し上演された。
 その中でも、安永7年(1778)上演の近松半二・竹田文吉合作「心中紙屋治兵衛」は、原作を骨子として部分的に改訂と増補を加えたもので、分かりやすく、舞台技巧も優れている。
 これの「紙屋内の場」に手を加えた寛政3年(1791)の「天網島時雨炬燵(しぐれのこたつ)」もよく上演されている。

 ふうてんは(心中天の網島)そのものを聴いたことはない。

何だか名前が似ているなあ、程度の知識しか近松物を知らないのである。

それでも竹本住大夫が語るというので出かけていったのだった。

国立劇場

 国立(こくりつ)の劇場なのだから納税者のはしくれとして一度は行ってみたいと思っていた。

去年初めて、やはりこの二月文楽公演が小劇場であったので出向いたことはこの日記にも書いた。

 今回が二度目だったので国立(くにたち)から電車で行くにも余裕があった。

ニフティの(路線)で調べると中央線で四谷まで行き地下鉄の南北線に乗り換えて一駅目の永田町で下りればいいと分かった。

 永田町・・・政治家たちが沢山いるところ。

国立劇場・・・皇居のお掘りのすぐ傍。

アッ、とふうてんはやっと気付いた。

ここが日本の、今の、政治の中心地だったんだ。

心中天の網島

 近松の大ヒット作(曽根崎心中)とは随分違う作品だった。

同じ心中事件を題材にしているし、遊女と死ぬるところも同じである。

しかし男側、女側の登場人物たちの関係が複雑になり話がかなりややこしくなっている。

 上記Googleが教えてくれるように、これが初演当時全く受けなかったというのは見ていてよく分かった。

 それでもテーマそのものに普遍性があるのだろうか。

いろいろと手が加えられて結局は一つのスタンダードになり映画化までされている。

やはり近松の作った(ドラマツルギー)の力は大したもんだと思う。

野澤錦糸という三味線弾き

 今回も三味線は野澤錦糸だった。

何度も書くけど彼の三味線は限りなくフラメンコ・ギターに近い。

この記事を書き始めて改めて彼のホームページ(ファンが作っている)を見た。

 その中で、彼はもともとギターを弾いていた、と語っていることを知り、ふうてんは完璧に納得したのだった。

この彼のホームページは一見地味なのだけどコチラが本当に知りたいことがちゃんと語られていてまことに頼りになる情報源となっている。

 例えば国立劇場のホームページで公演予定などを見ても、出演者竹本住大夫とは出ていても、その日の何時からの演目のどの段を語るのか、は分からないのである。

チケット予約をするときにそのことを確かめるには・・・この野澤錦糸のホームページは欠かせない。

二月公演でも朝昼晩と3つくらい演目があり、それぞれ2時間半くらいで、その中で住大夫さんが語るのは30分くらいなのですね。

 文楽に興味のある御仁は彼のホームページを是非見て戴きたい。

(ふうてんアーカイブス)

2006 2月 文楽公演

国立劇場 小劇場 外

国立劇場 小劇場 内

もう紅梅がred  

 

 

 

 

 

 

 

白梅もwhite  

 

 

 

 

 

 

 

外とtaxi  

 

 

 

 

 

 

 

内とbaiten  

 

 

 

 

 

 

 

林の向こうは皇居kokyo  

 

 

 

 

 

 

 

その向こうにはビル群もkokyo2  

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2006/02/12

2006・02・12 マイ・ファニー・バレンタイン篇

 このところ寒さのせいか出かけるのが億劫になっている。

先週の晴れた日、富士山を写しに立川へ行った。

帰るとき伊勢丹を通り掛かるとやけにチョコレートを沢山売っている。

国産ありヨーロッパからの輸入物ありで特設のコーナーまで出来ていた。

 看板を見ると、バレンタイン・・・なるほど、それでチョコレートなんだ。

 この日、当方も前回書いたように繁寿司でおかみさんにチョコレートを貰ったのだった。

若い頃はチョコレートなんて貰った記憶がない。

もてなかったからしようがないのだけど、あの頃はまだ(バレンタイン・デー)なんて話は聴かなかったようにも思う。

日本ではいつごろから流行り始めたのだろうか。

 バレンタインとの付き合いを話してみたくなった。

マイ・ファニー・バレンタイン

 この曲はもともとはアメリカのミュージカル用に作られたのだけどジャズのスタンダード・ナンバーとして有名になった。

Googleで確かめると、作曲リチャード・ロジャース、作詩オスカー・ハマーシュタイン2世、つまり(オクラホマ!)(回転木馬)(大様と私)(サウンド・オブ・ミュージック)などなどを生み出した名コンビの作品なのですね。

 ふうてんがこの曲を初めて聴いたのは大学一年生の夏休みに帰省していた松山の中古レコード屋さんで買った一枚のレコードでだった。

(アンダー・カレント ビル・エバンス、ジム・ホール)

というタイトルだった。

ピアノのビル・エバンスとギターのジム・ホールのデュエットである。

その頃ふうてんはまだジャズの迷路に迷い込んだばかりで曲名も演奏者名も全部カタカナで訳がわからず、おそらくジャケットの魅力で買ったのだと思う。

 当時はまだ古レコード屋さんというのがそこかしこにあり、貧乏学生たちにとっては有り難い存在だった。

松山のそういうお店で、なけなしの小遣いで一枚買って帰るときの高揚感は忘れることが出来ない。

ベートーベンの(英雄)なんてのもそういう店で買ったのだった。

 それでこのアンダー・カレントを自室の安物のオーディオ装置で聴いた。

中でふうてんの心をとらえたのが(マイ・ファニー・バレンタイン)だった。

特にその中のビル・エバンスのソロは、大げさに言うとその後のジャズとの付き合いを決定づける(天啓)のようなものになった。

 ジム・ホールとのデュエットでやったとったが始まりしばらくそれが続く。

やがてビル・エバンスのソロが始まる。

かれ独特のフレージングで低く高く速く遅くソロが展開される。

やがてうねるような雰囲気になって、ラララララッ、ラと最後に一音高く奏でられるのである。

それを聴いてふうてんは背筋に冷たいものが走った。

生まれて初めての体験だった。

 その後10年以上もこの演奏のその音のところで背筋がヒャッとし続けた。

ビル・エバンスは白人だけど即興演奏というジャズの本質を教えてくれた恩人なのである。

マイルス・デイビスの自伝によるとジャズ・マンの誰もがなるように彼もシッカリとクスリをやっていて若くして惜しまれつつ亡くなった。

バレンタイン・デー生まれ

 ふうてんの一人息子は2月14日生まれである。

予定日が2月と聴いて、どうせならバレンタイン・デーがいいねなんて冗談を言っていた。

 いよいよ近づいて産院へ行ったのが2、3日前だった。

2月14日夕刻、会社から帰宅したふうてんはやることもなく酒を飲んでいた。

やがて夜の12時が過ぎた。

アア残念、バレンタイン・デーには生れなかったんだ。

 1時間ほどたって電話が掛かってきた。

産院のドクターからの電話だった。

(ちょっとお産の後が大変でしてね、それで連絡が遅れました)

(いつ生れたんですか?)

(夕べの11時過ぎでしたねえ、男の子でお母さんももう大丈夫です)

 ・・・・・・

 2月14日生れというのは幼稚園や小学校へはいると回りはお兄さん、お姉さんばかりなので、いささか辛いものがある。

ふうてんなども1月生れなので小学校へはいったときデカイやつらばかりで随分泣かされたものだった。

そういう宿命をバレンタイン・デー生れも持っていて当方のガキなどもその宿命から逃れられないようだった。

(我らが人丸どのは3月末生まれで、やはりそのことを今でもおっしゃいますね)

 このことがあって、以来女房は毎年バレンタイン・デーにはドクターにチョコレートを送り続けているようだ。

さよう、もう20年以上も。

いまだにこのドクターには健康診断などでお世話になっている風でもある。

ふうてんが両親を引き取って国立で見ようと決心できたのも、このドクターに相談して往診をしてくれる素晴らしい先生を紹介して貰えたからだった。

 バレンタイン・デーには毎年こういうことどもを思い出す。

ブロッグのこと

 彦さんことMuさんがサーバのMacがへたってきたと悩んでおられた。

(ふうてん老人日記2000~2004)はそのサーバに置かれている。

彦さんのホームページの一つのメニューとして掲載され続けたものである。

 去年からブロッグの形で老人日記を書くことになって、お勧めサイトの形で過去の記事をたどれるようにして貰っている。

彦さんは(永久保管)しておくからな、と言ってくれている。

 しかしいつまでも彦さんの手を煩わせるのも申し訳ないなあ、出来れば自分の責任範囲で・・・と思いつつ一年たった。

最近ココログでは記事を書いて、公開日を設定出来ることが分かった。

であるならば彦さんのホームページに載っけて貰っている記事を持って来られるのではなかろうか。

 ということで2000年の4月分から少しづつこのブロッグのバック・ナンバーに入れ始めている。

やり始めてみると多少手間がかかることが分かった。

その理由はHTMLで記述されたテキストには画面では見えない制御情報がいろいろと含まれているからだろうとは想像がつく。

手間はかかるけれども副産物もあることに気付いた。

 一つは6年前と現在ではずいぶん感じ方が違うなあ、ということ。

 一つはブロッグの形にしておくと似たようなテーマを書くとき自分で自分の記事をトラック・バックして補足出来る、ということもありそうだということ。

 これらは読者にとっては関係ないかもしれないけれど、自身にとっては無意味ではないと思っている。

JOさんも言っているけど男には昨日・今日・明日の今日がない。

昨日と明日しかない。

ブロッグの記事はその昨日の部分なのですね。

 例えば、ビル・エバンスのマイ・ファニー・バレンタインも過去の記事で触れている。

似たようなことを書いているのだけど、はいり方が違うので内容は自ずと変わってくる。

老人の繰り言というものをトラック・バックという形で表すことが出来そうである。

(ふうてんアーカイブス)

1991 バレンタイン・デー生れ8歳のとき

2月14日生れ2148  

 

 

 

 

 

 

 

父親は開高健の本ばかり読んでいたkaiko  

 

 

 

 

 

 

 

開高健は料理人を連れて旅をしたwithshef  

 

 

 

 

 

 

 

山ほどのダンジネス・クラブdangines  

 

 

 

 

 

 

2005 ラジコン空撮のホームページ

飛行機野郎のJOさん、ご存じですか?

中でも(パイロットベア)というクマちゃんの操縦は最高!!

ムービー・ギャラリーなど随所に動画が散りばめられています。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006/02/05

2月5日 節分も過ぎて篇

節分の富士up  

 節分が過ぎて日が長くなってきた。

節分と太陽との関係はどうなっているのだろうか。

前から気になっていた。

 こういう時は我が(ネット・百科事典 Google)に聴けばよい。

アレコレ探すうち、コチラが知りたいことを正確に過不足なく教えてくれるサイトがあった。

それは国立天文台のホームページだった。(クニタチではなくコクリツ)

中に暦計算室というのがあり、各地のこよみ(表引版)という所で各地の日の出日の入りの時刻が分かるようになっている。

 節分というと立春前夜であり、春の訪れを意味する。

春になると何かと世の中あわただしくなる。

もうすぐ新学期が始まり新年度が始まる。

世の中いつまでも冬眠することは許されないようだ。

一路平安

 ランちゃんから今朝メールが来ていた。

今日から中国へ帰ります、-30℃で倒れてしまいそうだけどワクワクします、とあった。

瀋陽方面は軽く-30℃になるという。

 今回の帰国は3週間ほどで蘇州とか上海とか南のほうへも旅をしたいと言っていた。

おばあちゃんのルーツがそちらの方面であるらしい。

(一路平安 ボンボヤ~ジュ 道中ご無事で)と返事しておいた。

ランちゃんは卒論も出し終わって期末テストも終わって学部最後の春休みなのである。

一ヶ月ぶりの繁寿し

 夕刻、ほぼ0℃に近い寒風の中ロシナンテに一鞭くれた。

繁さんはほぼ一ヶ月ぶりとなる。

夕食会、亭主の風邪、女房の風邪で3週間行けなかった。

 山口夫人がいて、やがて常連の一人の先生がはいってくる。

寒いですねえ今年は、から始まって愉快な会話が始まる。

夫人もこの先生も繁さんも皆さんお元気そうである。

風邪というような軟弱なものには無縁な方々で完全にコチラが負けている。

 やはり繁さんちの魚は美味い。

赤貝、ヒラメの縁側、イカ、シャコ、ウニ、干瓢巻きなど。

刺身とか寿司というのは大した食文化だなあと改めて思った。

毎日、国立から築地まで、電車に乗って。

繁さん・・・確か10歳は当方より上のはずなのに。

バレンタインデー近し?

 帰るとき、繁さんのおかみさんが女房に何かを渡したようだった。

(旦那さんチョコレートよ)

(エッ?もうバレンタインデー?)

毎年この季節、繁さんのおかみさんがチョコレートをくれるのである。

(今年はまだ一個も来ないなあ)

と繁さん。

(まだ早いのよ)

とおかみさん。

(繁さん、シカゴから送ってこないんですか?)

(アッ、そういえば手紙は貰ったよ、写真がはいっている)

(これは3姉妹のうちの誰から?)

(ジュリー、一番上のお姉ちゃんですよ、takaakiの孫だって)

(孫ですか・・・女、男、男・・・手紙によると・・・小学2年と幼稚園)

(takaakiも写真をデジカメで撮ってメールで送れ、言うんですよ)

(繁さんパソコン得意だから送ってあげれば?)

(でも僕デジカメ持ってないもんねえ)

(そうか、ならウチのカメラマン助手に手伝わせましょうか?)

(そうよ繁さん、私ちょっとデジカメにはまっているのでいつでも・・・)

・・・・・・

話は尽きないのだった。

節分の日、各地の日の出日の入りは

 Googleに聴くと国立天文台のいいサイトを教えてくれる。

中で、各地のこよみ(表引版)というのが探していたものだった。

例えば、それによると2月3日節分の日の日本の北から南の日の出、日の入りは以下のようであった。

念のため日照時間を計算して付け加えておく。

根室   632   1632 日照時間1000

東京   640   1710 日照時間1030

京都   655   1728 日照時間1033

松山   704   1741 日照時間1037

長崎   714   1755 日照時間1041

那覇   713   1814 日照時間1101

 この表を見ていると日本の東西南北で自然の条件がどのように違うのか、などいろんなことを考えさせられて、ふうてんなど飽きることがない。

節分、立春は春の訪れなのですね

 東京地方の冬至から節分までの太陽の変化の具合を知りたくなった。

12月22日  6:47   16:32 09:45

 1月 1日  651   1639 09:48 (+03)

   10日  6:51   16:46 09:55 (+07)

   20日  6:48   16:56 10:08 (+13)

 2月 3日  640   1710 1030 (+22)

 

 日照時間は12月22日の冬至のころが一番短いのは知っていた。

それから徐々に日没が遅くなり、夜明けは少し遅れて早くなる。

この表で驚いたのは日照時間の変化だった。

10日ごとの日照時間を比較すると冬至から節分まで、急速に大きくなる。

3分→7分→13分→22分

つまり変化に加速度があるのですね。

加速度がある時・・・人間は変化をより敏感に大きく感じるのでありましょう。

(ふうてんアーカイブス)

2006節分のころ 立川からの富士山

料理専門学校の10階から

ズーム1up1  

 

 

 

 

 

 

 

ズーム2up2  

 

 

 

 

 

 

 

ズーム3up3  

 

 

 

 

 

 

 

ズーム4up4  

 

 

 

 

 

 

 

 

我が富士見別荘(カフェ・ド・クリエ)から

富士見別荘up6  

 

 

 

 

 

 

 

左が中央線、右が青梅線up7  

 

 

 

 

 

 

 

手前は最近出来たモノレールup8  

 

 

 

 

 

 

 

 

南武線矢川駅からの夕日

赤富士?まさかkureru  

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »