2016/09/18

2016・9・18 花と蝶 篇

P9070307jpg_2江戸絞りに黄色い蝶々がきた
(庭師撮影) 

 隠宅の庭師が(写真送っておいたよ)
と言った。

我が家には大昔のデジカメが一台ある。
20年ほど前のキャノン製なのだけど機能的に不満がない。
解像度、ズーム機能、パソコンとのインターフェース。
それで買い換えたり買い足したりすることもなく過ごしてきた。
一台のデジカメを嫁はんが使ったりこちらが使ったり。
パソコンで吸い上げるのは嫁はんが自分のiBOOKで行う。 
ふうてんは自分で撮ったのも女房どのが撮ったのもメールで送ってもらう。


 同じ家に住んでいてメールで写真を送ってもらう。
奇妙な家族ではある。
どうもふうてん老人はよほどの不精者らしい。
デジカメからパソコンに吸い上げるのも面倒くさいようである。
この老人、昔パソコンを作っていたなどと時々自慢話をしている。
しかし、それも話半分に聴いておいた方がよいのかもしれない。

 江戸絞りに黄色い蝶々がとまっている写真を見て(花と蝶)という言葉が浮かんだ。
ふうてんが若いころにはやった流行歌の曲名である。
(花が女か 男が蝶か
 ・・・
 花が咲くとき 蝶が飛ぶ
 蝶が死ぬとき 花が散る
 ・・・
 花のいのちは 短いけれど
 蝶のいのちも はかなくて
 ・・・
 花が散るとき 蝶が死ぬ)

と森進一が、あのしわがれ声で歌った。

 ウィキペディアに聴くと、
 (「花と蝶」(はなとちょう)は19685月に発売された森進一のシングルである。
累計売上は100万枚。
森はこの曲で同年の「第19回NHK紅白歌合戦」にデビュー3年目にして初出場を果たす。これ以降、森は紅白に毎回出場しており、連続出場記録としては最多となっている。また、2009年の「第60NHK紅白歌合戦」でも41年ぶりに披露され、1968年の初出場時の映像も流れていた。)

などと出てくる。

 
1968年というとふうてんは京都で学生をしていた。
落第して留年中で、先行き不安な時代だった。
そういうこちらの心に忍び込んできたのだろうか。
妙に印象深い曲として記憶に残っている。

 同じころに(圭子の夢は夜ひらく)とか(いいじゃないの幸せならば)なんてのもあった。
どれもこちらの心の襞(ひだ)に忍び込んでくるような歌詞でありメロディーだった。
宇多田ヒカルのおふくろさんである藤圭子が歌った(夢は夜ひらく)はこうだった。
(赤く咲くのは けしの花
 白く咲くのは 百合の花
 どう咲きゃいいのさ この私
 夢は夜ひらく
 ・・・
 十五 十六 十七と
 私の人生 暗かった
 過去はどんなに 暗くとも
 夢は夜ひらく
 ・・・
 夜咲くネオンは 嘘の花
 夜飛ぶ蝶々も 嘘の花
 嘘を肴(さかな)に 酒をくみゃ
 夢は夜ひらく)

 こちらは二十歳過ぎという年齢、高度成長も成熟期を迎えていたあの時代。
やはり(歌は世につれ、世は歌につれ)というのは当たっているのだろうか。

| | コメント (0)

«2016・9・11 こち亀が終わっちゃった篇